スポンサーリンク
adsense002

ケント・ギルバート氏、米国で「言論の自由」が脅かされている

米大統領選でバイデン氏に肩入れするビッグ・テック企業 米国で「言論の自由」が脅かされている

米大統領選の投開票日(11月3日)が近づくなか、米国で「言論の自由」が脅かされている懸念がある。日本では「GAFA」と呼ばれる米巨大IT企業「ビッグ・テック」が、ネット上の“プラットフォーム以上の役割”を持とうとしているのだ。

ニューヨーク・ポストは14日、ウクライナ疑惑が浮上した民主党候補のジョー・バイデン前副大統領の次男について、FBIが押収したパソコンから証拠となるメールが見つかったと報じた。

しかし、フェイスブック社とツイッター社はあろうことか、この大スキャンダルに関する投稿を制限したのだ。

ツイッター社は16日、バイデン氏の次男に関する投稿制限を撤回するとし、同社のジャック・ドーシーCEOも「容認できない」と発言した。ところが、ニューヨーク・ポストの記事については拡散制限を続けるという。さらに、いまだ大勢のアカウントが停止されたままで、中にはケイリー・マクナニー大統領報道官の個人アカウントも含まれている。同社が反省しているとは到底思えない。

現在、米国の通信品位法230条では、ユーザーの投稿に対して、プラットフォームとなるビッグ・テック企業は法的責任を問われない。もちろん、プラットフォームとしてポルノや暴力に関しては制限する必要がある。だが、政治的言論までも制限するのであれば、それは「パブリッシャー(出版社)」であり、法的責任が問われなければならない。(引用ここまで)

【ケント・ギルバート ニッポンの新常識】米大統領選でバイデン氏に肩入れするビッグ・テック企業 米国で「言論の自由」が脅かされている
米大統領選の投開票日(11月3日)が近づくなか、米国で「言論の自由」が脅かされている懸念がある。日本では「GAFA」と呼ばれる米巨大IT企業「ビッグ・テック」が…

アメリカはかつてのような輝きを見せなくなった。

正直こんな風に変化してしまうとは思わなかった。

スポンサーリンク

ケント氏は長年日本にいるが、外部から見てアメリカの最近の左傾化ぶりをどう思っているのだろう。

ケント氏は愛国者で、もちろんアメリカに愛情を注いでいるが、時々は嫌になったりするのではないかと心配である。

それぐらいアメリカはここ四年間で一層酷くなった。

何とも悲しい話である。

日本からアメリカを見ていると、内戦まで考えてしまう。

そうなると中国の思うつぼだが、トランプは分裂するアメリカ社会をつなぎ止められるのか。

実はアメリカ大統領としてそこが最も大切なのではないか。

ケント・ギルバート氏、米大統領選「オクトーバー・サプライズ」が結果を左右?

ケント・ギルバート氏、過熱しすぎた「トランプたたき」

ケント・ギルバート氏、トランプのコロナ感染で国民が目を覚ますことになるだろう

ケント・ギルバート氏、米中の緊張関係はもはや「第二次冷戦」だ

ケント・ギルバート氏、「弱腰」過ぎてあきれてしまう 中国を許し続ける日本の政治家たち

トランプに資金を絶たれて立枯れするWHOの黄昏――ケント・ギルバート/渡邉哲也

ケント・ギルバート氏、対立を乗り越えた日米同盟 一方、米韓同盟は…

猫ねこ動画

犬いぬ動画

どうぶつ動画

動画が大量になってきたので3つに分けました。

ようこそ日本へ
外国人の日本訪問動画です。

日々是健康

健康について日々思う事を。

掃除をしろ、さもなくば死だ

絶望的に掃除が苦手な男が掃除を勉強します。

男の料理

一人暮らしの料理の助けに。

大学・高校入試徹底研究

学習のお手伝いに。

お暇なら覗いてみてくださいね


政治ランキング

アクセスランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました