スポンサーリンク
adsense002

古森義久氏、トランプ感染を大喜び バイデン推し偏向報道の異様

トランプ感染を大喜び、バイデン推し偏向報道の異様

失言に不透明な政策、バイデン氏の問題点には目を向けず

2週間後に迫った米国大統領選では、民主党のジョセフ・バイデン候補が相変わらず失言を重ね、政策面でも不透明な対応を続けている。バイデン候補は以前から物忘れや失言が目立ち、認知症疑惑まで指摘されていた。だが、大手メディアはそうしたバイデン候補の問題点をまったく取り上げず、トランプ大統領の言動にもっぱら容赦のない糾弾を浴びせている。

私はこれまで40年ほどの間、通算8回の米国大統領選を現地で実際に取材してきたが、米国の大手メディアがここまで党派性をむき出しにして民主党支持に走った例はみたことがない。長年の経験からしても今回の大統領選はあまりに異様である。

トランプと主要メディアの“デスマッチ”

思えば1976年の共和党ジェラルド・フォード現職大統領と民主党新人のジミー・カーター氏の対戦が米国での大統領選現地取材の初体験だった。以来、カーター対レーガン、レーガン対モンデール、ブッシュ対デュカーキスと続き、ブッシュ対クリントン、2代目ブッシュ対ゴア、オバマ対ロムニーなどの選挙戦の取材を重ねてきた。

だが今回の選挙戦はそのどれとも根幹から異なる。

異様な要因といえば、まずトランプ大統領までもが襲われた新型コロナウイルスの大感染である。選挙自体の枠組みを大きく変えてしまった。(引用ここまで)

トランプ感染を大喜び、バイデン推し偏向報道の異様 失言に不透明な政策、バイデン氏の問題点には目を向けず | JBpress(Japan Business Press)
米国の大手メディアはそうしたバイデン候補の問題点をまったく取り上げず、トランプ大統領の言動にもっぱら容赦のない糾弾を浴びせている。

アメリカは異常だ。

これははっきりしている。

スポンサーリンク

長年アメリカは日本にとっての憧れの地だった。

広い家にプール、でかい車に裏庭でのバーベキュー。

70年代や80年代はそういうアメリカが皆大好きだったし、アメリカに追いつき追い越せという気持ちがどこかにあった。

アメリカ横断クイズで「ニューヨークへ行きたいか!」と叫んでいた時代である。

時代は変わってしまった。

家は相変わらず小さいしバーベキューもできないが、アメリカに住むよりは日本にいる方がマシ、と皆気づいてしまった。

もしこのままアメリカが左翼化し続けるとしたら、もう一度南北戦争は起きるだろうし、しばらくの間世界情勢は混沌としたものになるだろう。

古森義久氏、次期米大統領は誰が望ましい?見えてきた中国の本音

古森義久氏、日本学術会議元会長 安倍首相に罵詈雑言

古森義久氏、にわかに注目の“政府機関”日本学術会議の奇々怪々

古森義久氏、最高裁判事新指名でトランプ陣営が有利になる3つの理由

古森義久氏、中国とどう接する?日本経済界の重鎮2人が正面衝突

古森義久氏、バイデン陣営が恐れるトランプの“勝手に勝利宣言”

古森義久氏、菅氏で大丈夫か? 次期首相候補に米国が抱く懸念

古森義久氏、台湾接近の米国がサラミ戦術で打砕く「一つの中国」

古森義久氏、IR汚職事件の背後にちらつく中国共産党の影

古森義久氏、米国の親韓派も非難する文在寅の「鬼の人権抑圧」

猫ねこ動画

犬いぬ動画

どうぶつ動画

動画が大量になってきたので3つに分けました。

ようこそ日本へ
外国人の日本訪問動画です。

日々是健康

健康について日々思う事を。

掃除をしろ、さもなくば死だ

絶望的に掃除が苦手な男が掃除を勉強します。

男の料理

一人暮らしの料理の助けに。

大学・高校入試徹底研究

学習のお手伝いに。

お暇なら覗いてみてくださいね


政治ランキング

アクセスランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました