スポンサーリンク
adsense002

篠田英朗氏、菅首相が「学術会議問題」で今すぐやるべき「たった一つのこと」

菅首相が「学術会議問題」で今すぐやるべき「たった一つのこと」

多くの国民の声をこれ以上無視できない

大騒ぎになった日本学術会議問題

「日本学術会議問題」が思わぬ波紋を呼んでいる。

日本社会に深くはびこる政治対立に反応し、大騒ぎになった。だが、多くの人々が、いったい何が争点なのか、判然としていないのではないだろうか。

私自身も、当初、あまり関心を抱いていなかった。茫然としたまま、長年の党派的な思いを抱えた人々が大声を出している様子を見つめているのが、大半の国民の気持ちなのではないかと感じる。

なんといっても私を含めた学者層がそうだ。政治家が、学者のやっていることにいちいち強権を発動するような状態は望ましくない。その一般論に、異議を唱える者はいない。

だが多くの学者が、首相が強権を発動した背景に事情があることに気付いているし、かなりの者が具体的に知っている。いたずらに首相を激烈な言葉で非難する方々に、完全に同調している方々ばかりではない。

この状況で、菅首相がなすべき、たった一つのことある。

それは、「説明すること」である。

事情があって任命を拒絶したことを、国民に向けて語ることだ。(引用ここまで)

菅首相が「学術会議問題」で今すぐやるべき「たった一つのこと」(篠田 英朗) @gendai_biz
「現代ビジネス」は、第一線で活躍するビジネスパーソン、マネジメント層に向けて、プロフェッショナルの分析に基づいた記事を届ける新創刊メディアです。政治、経済からライフスタイルまで、ネットの特性を最大限にいかした新しい時代のジャーナリズムの可能性を追及します。

阿呆らしい記事だと思う。

篠田氏は顔を洗って出直した方が良い。

スポンサーリンク

管首相は非常に長い間説明に説明を重ねて苦労してきた安倍前首相を最も身近に見てきている。

そしておそらく国会で行われるやり取りで出てくる糞議員らに対し腹の中では相当怒っているのだろう。

そしてその後は官房長官として東京新聞の阿呆記者にお付き合いせねばならなかった。

そういう長い間の苦労があって、管首相は説明をなるべく少なくしようとしているはずだ。

説明するのであれば国会ではなく学者連中にしたいと思うのではないか。

少なくともこの一ヶ月という短期間でバタバタしている内閣の裏事情まで晒してわざわざくだらん学者の言い訳を聞いてやるつもりは無いだろう。

管首相が聞かねばならぬのは「静かに黙って耐えている大多数の国民の声」であり、「声だけはやたらでかいくせに満足な結果も出せない無用学者の声」では断じてない。

篠田英朗氏、菅新総理が憲法9条について行うべき「たった一つのこと」

篠田英朗氏、第2次安倍政権とは何だったのか? 長期政権を維持できた「構造的事情」

猫ねこ動画

犬いぬ動画

どうぶつ動画

動画が大量になってきたので3つに分けました。

ようこそ日本へ
外国人の日本訪問動画です。

日々是健康

健康について日々思う事を。

掃除をしろ、さもなくば死だ

絶望的に掃除が苦手な男が掃除を勉強します。

男の料理

一人暮らしの料理の助けに。

大学・高校入試徹底研究

学習のお手伝いに。

お暇なら覗いてみてくださいね


政治ランキング

アクセスランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました