スポンサーリンク
adsense002

福島香織氏、信用ガタ落ちの中国は北京冬季五輪を開催できるのか

信用ガタ落ちの中国は北京冬季五輪を開催できるのか

看過できない人権問題、隠蔽体質も大きな懸念材料

どこが最初に言及するかな、と思っていたら英国だった。英国のラーブ外相は中国のウイグル人に対する人権侵害を理由に、2022年北京五輪をボイコットする可能性を示した。

ウイグル問題だけでない。香港デモに対する弾圧、内モンゴルの語学教育政策への抵抗、チベットなどでの人権問題、そして新型コロナウイルス感染症の隠蔽など、この2年の間の中国の行動は国際社会に強い不信感をもたらした。西側各国の不信感は、2022年の北京冬季五輪に自国の大切な選手たちを送り込んでよいものか、平和とスポーツの祭典のホストとしてふさわしいのか、と躊躇させるレベルにまで膨れ上がっている。

懸念材料となる中国の隠蔽体質

英紙テレグラフなどによれば、英国のラーブ外相が英議会の委員会で、中国当局のウイグル弾圧について「一般的に言えば、スポーツは外交や政治(の問題)から切り離すべきだと感じるが、それが不可能な場合もある」といった表現で北京冬季五輪ボイコットの可能性を排除しない姿勢を示した。

世界60カ国以上の300以上の人権団体が、中国の人権侵害問題に対して緊急の対応をとるよう国連に呼び掛けたりしているが、この中で160の人権団体が、国際オリンピック委員会(IOC)に、中国の人権問題を大きな理由に2022年の北京冬季五輪の開催権の取り消しを求める署名活動も行っている。

人権問題だけではなく、新型コロナ問題で再確認された中国の隠蔽体質も、懸念材料だ。中国は政治的メンツのために、新型コロナウイルス感染症の人から人への感染を少なくとも1カ月は隠蔽し、それが今に至るパンデミックを引き起こした。2003年のSARSの時は「全人代」という政治イベントを行うために4カ月間にわたってその発生を隠蔽し、やはり世界に被害を及ぼした。

二度あることは三度ある、という。もし次に新たな感染症が中国で発生したなら、たとえば2022年冬季五輪を実現するために、その事実を隠蔽するかもしれない。2022年に世界が完全に新型コロナの恐怖から脱却できている、という保障もない。

中国は本当に北京冬季五輪を実現できるのか、あるいは実現のためになにが必要なのか、ということを考えてみたい。(引用ここまで)

信用ガタ落ちの中国は北京冬季五輪を開催できるのか 看過できない人権問題、隠蔽体質も大きな懸念材料 | JBpress(Japan Business Press)
英国のラーブ外相は中国のウイグル人に対する人権侵害を理由に、2022年北京五輪をボイコットする可能性を示した。

ワクチンに関しては日本は今のところ必要あるまい。

ただ来夏五輪をやるためには必要かも知れない。

スポンサーリンク

いずれにせよ東アジアでワクチンができても信頼できるのは日本が生産し初めてからだろう。

中国産ワクチンなど恐ろしくて中国人が使わない。

現状でさえ中国人は日本旅行のお土産として薬関係を大量に買って帰るのだ。

漢方まで買って帰るらしいから中国人が自国の薬をどれだけ信用しているのかわかる。

冬季五輪はまず無理ではないか。

イギリスが言い始めたが、フランスが追随すればヨーロッパはほぼ固まるだろう。

アメリカがこれに同調すれば五輪は開催も難しかろう。

福島香織氏、新“党内法規”制定で習近平が突き進む前例なき独裁

福島香織氏、「中国のトランプ」に鉄槌 習近平文革の始まりか

福島香織氏、世界の要人が丸裸!中国が集めていた驚愕の個人情報

福島香織氏、習近平が大迷走…! いよいよ追い詰められた「中国経済」のヤバい末路

福島香織氏、暗黒の中国 豪メディア記者2人「脱出」の異常事態

福島香織氏、中国政府にモンゴル語を奪われるモンゴル人の怒り

福島香織氏、習近平と9人の経済ブレーン、李克強を“のけ者”に

福島香織氏、習近平は知らない…アメリカがまっ先に「TikTok」を狙った本当のワケ!

福島香織氏、業界が過剰対応 中国「食べ残し禁止令」の不気味

福島香織氏、日本への恫喝も 中国が周庭氏を狙い撃ちした理由

猫ねこ動画

犬いぬ動画

どうぶつ動画

動画が大量になってきたので3つに分けました。

ようこそ日本へ
外国人の日本訪問動画です。

日々是健康

健康について日々思う事を。

掃除をしろ、さもなくば死だ

絶望的に掃除が苦手な男が掃除を勉強します。

男の料理

一人暮らしの料理の助けに。

大学・高校入試徹底研究

学習のお手伝いに。

お暇なら覗いてみてくださいね


政治ランキング

アクセスランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました