スポンサーリンク
adsense002

大原浩氏、日本のファイブアイズ加盟はジョンソン首相にも歓迎されている!

日本のファイブアイズ加盟はジョンソン首相にも歓迎されている!

ただし憲法改正とスパイ防止法は必須

いよいよ英国・ジョンソン首相からもお誘いが……

9月16日、日本と自由貿易協定締結(FTA)の2021年発効に向けて合意したばかりの英国のボリス・ジョンソン首相は、「ファイブアイズ(米国主導の5カ国の情報機関による多国間協定)」に日本が加盟する可能性について語り、そうなれば歓迎すると述べた。

8月15日の記事「民主主義の危機…日本が『ファイブアイズ』に加入すべき『これだけの理由』」でトニー・ブレア元英国首相からのラブコールを受けた事実に触れたが、今回は「元首相」ではなく「現職首相」からのお誘いであり、日本の加盟はさらに前へ進んだ。

なお、「ファイブアイズ」という言葉になじみの薄い読者も多いと思うので、詳しくは前述記事の2ページ目を参照してほしい。

しかし、なぜ歴史的・文化的にファイブアイズ加盟国とつながりの深い大陸欧州の国々を差し置いて、6番目の加盟国として熱い視線を注ぐのか?

1つには、9月21日の記事「メルケル独裁16年間のつけ、中国がこけたらドイツもこけるのか?」で述べたドイツを筆頭に、EU加盟国と英米の関係がしっくりしてないことがあげられる。

英国は、ブリグジットにおいてEU加盟国と「激烈なバトル」を繰り返しているし、アジアの例を見るまでもなく、近隣諸国はお互い仲が悪いのが普通だ。歴史的にも英・仏は果てしない戦争を繰り広げてきた。

米国とドイツの仲もかなり悪い。個人的にメルケル-トランプの相性が悪いこともあるが、歴史的にお互いの国に好感情を持っていないのは前述の「メルケル独裁16年間のつけ、中国がこけたらドイツもこけるのか?」記事で述べたとおりだ。

我々は「欧米」とひとくくりにしてしまいがちだが、「英米」と「大陸欧州の国々」とは、実は「価値感の共有」ができるのかどうかという点においてかなり違うのだ。

例えば、日本は共産主義中国、北朝鮮、韓国などと同じくアジア(東洋)に分類されるが、日本がこれらの国々と「価値観の共有」ができるかどうか疑問であるのと同じだ。(引用ここまで)

日本のファイブアイズ加盟はジョンソン首相にも歓迎されている!(大原 浩) @gendai_biz
「現代ビジネス」は、第一線で活躍するビジネスパーソン、マネジメント層に向けて、プロフェッショナルの分析に基づいた記事を届ける新創刊メディアです。政治、経済からライフスタイルまで、ネットの特性を最大限にいかした新しい時代のジャーナリズムの可能性を追及します。

日本の株は安倍政権時代に随分と上がった。

民主政権時代が悪すぎたという点もあるが、現状G7で最も安定して存在感を放っている国となった。

スポンサーリンク

おそらく今60歳代や50歳代の人にはなかなかピンとこないと思う。

実際には今海外で30歳代ぐらいまでの人は日本のアニメ・ゲーム・マンガが物凄く刺さっている。

その上の世代となると「AKIRA」や「トトロ」ぐらいなのだが、それ以下の年齢層になるともうすっかり「日常の一部」になってしまっている。

武漢肺炎が無ければ今年も秋葉原など海外からの旅行客で溢れていただろう。

彼らはアニメを通じて日本を知り、YouTubeを見て日本に憧れをもち、実際に来日して日本に恋するようになった。

はっきりいってヨーロッパのほとんどの国より日本の方が暮らしやすいはずだ。

ファイブ・アイズに日本が参加するのは喜ばしいことだが、既に日本はそれ以上の国になりつつある。

大原浩氏、投資の神様・バフェット氏“日本買い”は「歴史と伝統」日本の成長に期待

大原浩氏、メルケル独裁16年間のつけ 中国がこけたらドイツもこけるのか?

大原浩氏、「バラマキのつけは10年後に払わされる…」コロナと共存すべきワケ

大原浩氏、十分ありうる「安倍首相大復活の日」これから何が起こるのか

大原浩氏、なんとトランプ再選がする…のか? テレビ討論で狙われるバイデンの足元

大原浩氏、トランプ氏「逆転再選」で安倍首相“3度目登板”も!?

大原浩氏、中国進出は「地獄」…日本企業は失敗を認めてすぐに撤退すべし!

大原浩氏、対中国機密包囲網『ファイブ・アイズ』に日本参戦へ! 

大原浩氏、日本が「宇宙ビジネスで一人勝ち」する時代がきそうなワケ


猫ねこ動画

犬いぬ動画

どうぶつ動画

動画が大量になってきたので3つに分けました。

ようこそ日本へ
外国人の日本訪問動画です。

日々是健康

健康について日々思う事を。

掃除をしろ、さもなくば死だ

絶望的に掃除が苦手な男が掃除を勉強します。

男の料理

一人暮らしの料理の助けに。

大学・高校入試徹底研究

学習のお手伝いに。

お暇なら覗いてみてくださいね


政治ランキング

アクセスランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました