スポンサーリンク
adsense002

古森義久氏、中国とどう接する?日本経済界の重鎮2人が正面衝突

中国とどう接する?日本経済界の重鎮2人が正面衝突

正反対の見解を唱えるJR東海・葛西氏と経団連・中西氏

日本経済界の重鎮2人が、米国と中国に対して日本がどんな姿勢をとるべきかをめぐって正面衝突した。2人は米国の大手紙の質問に答えるなかで、相手の考えは間違っているとして厳しく非難し合ったという。日本の財界でのこれほどの意見の分裂は、菅義偉首相の米中両国への政策をきわめて困難にすると、同米紙の記事は結んでいた。

「日本は対米同盟を優先するべき」と葛西氏

米国大手紙「ウォール・ストリート・ジャーナル」(9月15日付)は、「日本の次期指導者は中国をめぐる衝突に放り込まれる」という見出しの長文の記事を掲載した。米中が激突するなかで、日本の菅新政権が米国と中国に対してどんな政策や立場をとるべきか、難しい方針策定を迫られるという趣旨だった。

記事の筆者は同紙のピーター・ランダース東京支局長である。5月25日の安倍晋三首相の内外記者会見で、「いま米国と中国がウイルスなどをめぐり激しく対立しているが、日本はどちら側につくのか?」という鋭い質問をしたのが、ランダース記者だった。

この記事は、日本の経済界で日中関係、米中関係について確固とした意見を持つJR東海(東海旅客鉄道)名誉会長の葛西敬之氏と経団連会長の中西宏明氏とに個別に質問し、さらに主張の異なったその2人にそれぞれ相手の意見への見解を述べさせていた。(引用ここまで)

中国とどう接する?日本経済界の重鎮2人が正面衝突 正反対の見解を唱えるJR東海・葛西氏と経団連・中西氏 | JBpress(Japan Business Press)
日本経済界の重鎮2人が、米国と中国に対して日本がどんな姿勢をとるべきかをめぐって正面衝突した。2人は米国の大手紙の質問に答えるなかで、相手の考えは間違っているとして激しく非難し合ったという。

経団連のトップが馬鹿なのは何も今に始まったことではない。

そして所詮経済人など世の中の風向き一つで簡単に発言を変える。

スポンサーリンク

なにせ中国擁護の理由が「数十年かけて築いたビジネスのパートナーシップの成功を覆すことには反対」というわけだ。

数十年など中国相手にはほんの一瞬でしかない。

その前の悠久の歴史を考えてみよ。

中国がいかに日本にとって危険であったか。

そんな事すらわからないから馬鹿だというのだ。

地政学など中国に関して本質を学ぶのに必要ではない。

中国と日本は相容れない存在なのだ。

古森義久氏、バイデン陣営が恐れるトランプの“勝手に勝利宣言”

古森義久氏、菅氏で大丈夫か? 次期首相候補に米国が抱く懸念

古森義久氏、台湾接近の米国がサラミ戦術で打砕く「一つの中国」

古森義久氏、IR汚職事件の背後にちらつく中国共産党の影

古森義久氏、米国の親韓派も非難する文在寅の「鬼の人権抑圧」

古森義久氏、中国は15年後にどうなっているのか?

古森義久氏、謎と言うしかない二階氏の「過剰な親中」の理由

古森義久氏、今井氏・二階氏 日本の対中融和勢力を米国が名指し

古森義久氏、米有力研究所が安倍首相側近を「対中融和派」と名指し 

古森義久氏、中国共産党員を入国禁止 トランプならやりかねない

猫ねこ動画

犬いぬ動画

どうぶつ動画

動画が大量になってきたので3つに分けました。

ようこそ日本へ
外国人の日本訪問動画です。

日々是健康

健康について日々思う事を。

掃除をしろ、さもなくば死だ

絶望的に掃除が苦手な男が掃除を勉強します。

男の料理

一人暮らしの料理の助けに。

大学・高校入試徹底研究

学習のお手伝いに。

お暇なら覗いてみてくださいね


政治ランキング

アクセスランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました