スポンサーリンク
adsense002

「菅新首相」は改革に突き進む 国民を欺く左派勢力の印象操作は有害

「菅新首相」は改革に突き進む 国民を欺く左派勢力の印象操作は有害 ジャーナリスト・安積明子氏寄稿

菅義偉官房長官は14日、自民党新総裁に選出された。16日召集の臨時国会で「新首相」に選出される。「たたき上げの苦労人」という評価がある一方、霞が関の人事を掌握して、官邸主導を強めてきた人物でもある。この7年8カ月、フリージャーナリストとして週1回、官房長官会見に出席してきた安積明子氏が寄稿した。

菅氏は、事前通告なしの質問にオドオドすることが多かった前任者(民主党政権の藤村修氏)に比べて、こわもてタイプで度胸が据わっていた。そこで、筆者は何度か変化球の質問を投げてみた。菅氏は当初こそ驚いていたが、やがてかわしかたを覚えたようだ。

2016年4月1日の会見では、「今日は冗談を言ったか?」と聞いた。菅氏は「私のような堅物が冗談を言ったら、周囲がビックリする」と語った。筆者が「それがエープリルフールか?」と突っ込むと、菅氏はのけぞって笑った。

政府方針が動いたこともある。

15年2月、イスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」(IS)が、日本人ジャーナリストらを殺害した際、菅氏は当初、遺体の回収は困難という見方を示していた。だが、筆者が「家族の気持ちを考えてほしい」と言うと、「取り戻したいという意思は持ち続けている」と変化した。(引用ここまで)

「菅新首相」は改革に突き進む 国民を欺く左派勢力の印象操作は有害 ジャーナリスト・安積明子氏寄稿
菅義偉官房長官は14日、自民党新総裁に選出された。16日召集の臨時国会で「新首相」に選出される。「たたき上げの苦労人」という評価がある一方、霞が関の人事を掌握し…

安積氏は管氏とよく質問形式で会話していただけに、今回のことは感慨深いだろう。

東京新聞の望月もある意味感慨深いかも知れない。

スポンサーリンク

管氏がどのような結末を辿るかはまだ誰にもわからない。

左翼マスコミは死にかかっている。

死にかかっているだけに死に物狂いだ。

安倍首相で叶わなかった夢を何とか管総理で果たそうと必死なはずだ。

管総理もそれは十分承知なはずだが果たしてどう出るか。

新閣僚の名前もぼつぼつ出ているが、今のところ手堅い印象だ。

ここを乗り越えれば解散後長期政権も見えてくるが。

猫ねこ動画

犬いぬ動画

どうぶつ動画

動画が大量になってきたので3つに分けました。

ようこそ日本へ
外国人の日本訪問動画です。

日々是健康

健康について日々思う事を。

掃除をしろ、さもなくば死だ

絶望的に掃除が苦手な男が掃除を勉強します。

男の料理

一人暮らしの料理の助けに。

大学・高校入試徹底研究

学習のお手伝いに。

お暇なら覗いてみてくださいね


政治ランキング

アクセスランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

政治
スポンサーリンク
kotonoaniをフォローする
名無しの果て

コメント

タイトルとURLをコピーしました