スポンサーリンク
adsense002

島田洋一氏、米国は台湾を政治的にも経済的にも中国から引きはがそうとしている

日米台“中国包囲網”で結束! 米高官が訪台、森喜朗元首相ら弔問団も 軍事的牽制も仕掛けるなど中国は怒り

アレックス・アザー米厚生長官と、台湾の蔡英文総統は10日、台北市内の総統府で会談した。アザー氏は新型コロナウイルスを早期に封じ込めた手腕を高く評価し、ドナルド・トランプ大統領の台湾に対する「強い支持」を伝達した。米台が固い結束を世界にアピールしたことに対し、習近平国家主席率いる中国は猛反発している。

「トランプ大統領の、台湾への強い支持と友好のメッセージを伝えに来ることができ、光栄だ」「(台湾の新型コロナ対策は)台湾社会・文化の透明性や民主主義の価値のたまものだ」

アザー氏は注目の会談でこう語った。

蔡氏は、アザー氏の訪台を「台米にとって重要な一歩」と歓迎した。米政府によると、1979年に台湾と断交して以降、アザー氏は最高位の高官の訪台となる。

これに対し、台湾統一を狙う中国は反発した。

中国外務省の趙立堅副報道局長が同日の記者会見で「中国は米台当局の往来に、一貫して断固反対する」と不快感をあらわにしたうえ、軍事的牽制も仕掛けてきた。

台湾国防部(国防省)によると、10日午前、中国軍の戦闘機が台湾海峡の中間線を越えて一時、台湾側に入ったという。

アザー氏は会談で、先月30日に死去した李登輝元総統を「台湾の民主主義の父」とたたえ、哀悼の意を表明した。

実は、森喜朗元首相を団長とする日本の超党派の国会議員団は9日、訪台した。李氏の死去後、海外から派遣された最初の弔問団。一行は蔡氏との会談にも臨み、李氏の日台友好への貢献について感謝の意を伝えた。

 台湾をめぐる一連の動きをどうみるか。

 福井県立大学の島田洋一教授(国際政治)は「米国は、台湾を政治的にも経済的にも中国から引きはがそうとしている。アザー氏訪台をきっかけに、よりその動きを強めるだろう」「日本が超党派で台湾との絆を強めたことも、大いに評価できる」と語っている。

日米台“中国包囲網”で結束! 米高官が訪台、森喜朗元首相ら弔問団も 軍事的牽制も仕掛けるなど中国は怒り
アレックス・アザー米厚生長官と、台湾の蔡英文総統は10日、台北市内の総統府で会談した。アザー氏は新型コロナウイルスを早期に封じ込めた手腕を高く評価し、ドナルド・…

台湾はここへきて世界からの注目をあびている。

アメリカも勿論だが日本の政財界も黙ってはいられないだろう。

スポンサーリンク

韓国と比較すればよく分かる。

もうアメリカも日本も、韓国にはうんざりなのだ。

何かあるとすぐわめき立てて金を欲しがる。

アメリカ民主党のようなものだ。

だからアメリカは韓国を見捨て台湾を選んだ。

当然そこに日本も乗っかることだろう。

韓国は旧宗主国が呼んでいるので行ってきなさい。

島田洋一氏、WTO提訴の韓国に米の鉄槌!「韓国に歩み寄る国はない」

島田洋一氏、BLMの現実:シアトル「自治区」の迷夢

島田洋一氏、米国で起きている潮流 トランプ再選阻止のうごめきに注意

島田洋一氏、『米中対立』という次元ではなく、『文明vs全体主義』の戦い

島田洋一氏、米国の「反警察」運動が抱える虚実

島田洋一氏、トランプ政権 中国に情報分野などでの覇権を握らせない覚悟

島田洋一氏、『親中』を続ければ米国がはしごを外す可能性も

島田洋一氏、メディアが報じない「ボルトン本」の読み方

島田洋一氏、反警察運動 全米デモの不都合な真実

島田洋一氏、「トランプ流」を取れない日本の首相

島田洋一氏、米国は天安門事件について発信して一歩踏み込んだ

猫ねこ動画

犬いぬ動画

どうぶつ動画

動画が大量になってきたので3つに分けました。

ようこそ日本へ
外国人の日本訪問動画です。

日々是健康

健康について日々思う事を。

掃除をしろ、さもなくば死だ

絶望的に掃除が苦手な男が掃除を勉強します。

男の料理

一人暮らしの料理の助けに。

大学・高校入試徹底研究

学習のお手伝いに。

お暇なら覗いてみてくださいね


政治ランキング

アクセスランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました