スポンサーリンク
adsense002

筆坂秀世氏、どちらもダメ過ぎて“新冷戦”と呼べない米中対決

どちらもダメ過ぎて“新冷戦”と呼べない米中対決

世界から疎んじられ、蔑まれている2つの国

今の米中対決をとらえて、“新冷戦”ということがよく言われている。だが私は、現在の米中対決を“新冷戦”と簡単に定義することには、同意できない。

そもそも冷戦とはどういうものだったか

軍事力を使った戦争を“熱い戦争”と見立て、軍事力を直接使用はしないが、資本主義・自由主義陣営と社会主義・共産主義陣営が激しく対立する体制のことを“冷戦”と呼んだ。要は、体制対決のことであった。

そこには明確なイデオロギー(思想)の対決があったことが、その大きな特徴であった。戦後、ヨシフ・スターリン率いるソ連は、ルーマニア、ハンガリー、ブルガリアなど、東欧諸国にソ連軍を進駐させ、共産党を中心にした社会主義政権を次々と誕生させていった。

これに対抗して、アメリカは「反共・封じ込め政策」を進め、ヨーロッパでのソ連の影響力の拡大を防ぐため、マーシャル・プラン(ヨーロッパ復興計画)などによって、ヨーロッパ諸国への大規模な経済支援を行なっていった。この時期、英国首相を退任したウインストン・チャーチルがアメリカの大学で講演を行ない次のように語った。「バルト海のシュテッティンからアドリア海のトリエステまで、ヨーロッパ大陸を横切る鉄のカーテンが降ろされた。中部ヨーロッパおよび東ヨーロッパの歴史ある首都は、全てその向こうにある」(1946年3月)。有名な「鉄のカーテン」演説である。(引用ここまで)

どちらもダメ過ぎて“新冷戦”と呼べない米中対決 世界から疎んじられ、蔑まれている2つの国 | JBpress(Japan Business Press)
世界から疎んじられ、蔑まれている米中が、どんなに対決したとしても“新冷戦“などと呼べないのは当然のことだろう。

筆坂氏がいう通り今度の対立は冷戦とは呼べないだろう。

なぜなら中国はアメリカ及び世界と戦う前に勝手に滅びるからだ。

スポンサーリンク

アメリカは中国を叩く力はなかなか無いであろう。

中国が出てくる力など始めからない。

つまり戦争とはいずれにせよ小規模の偶発的なものになる。

それがどう発展するかはまだ未知数だが。

そんなことよりも中国は内政が破綻している。

習近平を狙う反政府軍が色々な所で勃発してくるはずだ。

明日の飯が食えないという恐ろしさを中国共産党トップは知るべきだ。

筆坂秀世氏、新型コロナ 日本のぬるい対応に世界から批判の声

筆坂秀世氏、湖北省縛りでいいのか? 日本の入国制限は緩すぎる

筆坂秀世氏、蔡英文を勝利させた「我々は台湾人」という誇り

猫ねこ動画

犬いぬ動画

どうぶつ動画

動画が大量になってきたので3つに分けました。

ようこそ日本へ
外国人の日本訪問動画です。

日々是健康

健康について日々思う事を。

掃除をしろ、さもなくば死だ

絶望的に掃除が苦手な男が掃除を勉強します。

男の料理

一人暮らしの料理の助けに。

大学・高校入試徹底研究

学習のお手伝いに。

お暇なら覗いてみてくださいね


政治ランキング

アクセスランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました