スポンサーリンク
adsense002

高橋洋一氏、激しさを増す米中間の諜報戦「スパイ天国」の汚名を返上せよ

【日本の解き方】激しさを増す米中間の諜報戦、日本は機密情報を守れるのか? 「スパイ防止法」を立法し「スパイ天国」の汚名を返上せよ

閉鎖された米ヒューストンの中国総領事館について、米国側は「スパイ活動の拠点」と指摘している。日本でも同様の活動が行われている可能性はあるのか。スパイ防止法がない中で、日本は機密情報をどのように守ることができるのか。

中国も、四川省成都にある米総領事館を閉鎖したが、その理由は外交上の対抗措置としている。

米国は中国総領事館封鎖に関連し、中国軍の関係者であることを隠してビザを取得したとして訴追した中国人4人のうち、サンフランシスコの中国総領事館でかくまわれていた女1人を拘束した。背景には、米国の学術機関から情報を盗もうとするスパイ行為があったという。

日本でも、同じような懸念がある。27日の菅義偉官房長官の記者会見において、「日本国内の中国総領事館でも、スパイ活動などが行われる懸念はないか」という質問があった。特定国のコメントは差し控えたいとしつつ、「日本に設置されている各国の公館については、国際法上、接受国の国内法令を尊重する義務が課されており、その前提で、わが国としても、関係当局が連携し適切に対応している」と述べた。

問題は、日本国内法でスパイ防止法がないことだ。このため、日本国内でスパイ活動をしても、国内法令に直ちに違反しているとはいえない。極端にいえば、日本でスパイ活動が発覚しても、日本の国内法令を順守していると言い逃れができるのだ。(引用ここまで)

【日本の解き方】激しさを増す米中間の諜報戦、日本は機密情報を守れるのか? 「スパイ防止法」を立法し「スパイ天国」の汚名を返上せよ
閉鎖された米ヒューストンの中国総領事館について、米国側は「スパイ活動の拠点」と指摘している。日本でも同様の活動が行われている可能性はあるのか。スパイ防止法がない…

暗黒卿。

日本ではスパイはやりたい放題だ。

スポンサーリンク

具体的に例を挙げなくても立憲民主党などスパイがうじゃうじゃいる。

それだけではない。

自民党はじめどの政党にもある程度スパイは入り込んでいる。

二階のようにアメリカに指摘されても平気な顔をしている奴もいる。

橋下徹もその口だ。

もともと朝鮮系なので中国には頭が上がらないのだろう。

彼の顧客に中国系が多いとのことだが、さて本当だろうか。

高橋教授は橋下をどう思っているのか聞いてみたいものだ。

高橋洋一氏、円高の背景に米国でのコロナ拡大 金融政策や対中摩擦反映も

高橋洋一氏、領事館閉鎖では終わらない…米国が握る「対中最終兵器」

高橋洋一氏、ふるさと納税「国のいやがらせ」逆転勝訴で見えた官僚の支配構造

高橋洋一氏、立民と国民の“選挙目当て”の野合 自民党の好機になる可能性

高橋洋一氏、「GoTo」強行にリスクあり!? 国と都は休業補償の優先を

高橋洋一氏、中国への圧力、一段と強める米国

高橋洋一氏、コロナ「第二波到来」で「Go To キャンペーン」は延期が正解

高橋洋一氏、コロナで対立する国と東京  小池氏は「国政復帰」への思惑も浮かぶ

高橋洋一氏、米朝首脳会談は行われるか 正恩氏の健康問題も焦点に


猫ねこ動画

犬いぬ動画

どうぶつ動画

動画が大量になってきたので3つに分けました。

ようこそ日本へ
外国人の日本訪問動画です。

日々是健康

健康について日々思う事を。

掃除をしろ、さもなくば死だ

絶望的に掃除が苦手な男が掃除を勉強します。

男の料理

一人暮らしの料理の助けに。

大学・高校入試徹底研究

学習のお手伝いに。

お暇なら覗いてみてくださいね


政治ランキング

アクセスランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました