スポンサーリンク
adsense002

島田洋一氏、ボルトン回顧録に見る米朝関係

ボルトン回顧録に見る米朝関係|島田洋一

話題のボルトン回顧録で明らかとなった米朝交渉の実態と日本への警鐘

トランプ大統領再選に向けて活動している米保守派が、ボルトン前大統領補佐官(国家安全保障担当)の回顧録を「裏切り」と強く批判するのはよく分かる。リベラル派が大統領に否定的な記述のみを取り上げてニュースにしていることの裏返しと言える。

しかし、この回顧録の積極的意義も見逃すべきではないだろう。米朝交渉の実態がより明瞭になったのはその一つである。

トランプ氏の危うい発言

2019年2月にハノイで行われた第2回米朝首脳会談は、トランプ氏が席を立つ形で物別れに終わった。北朝鮮から中途半端な案しか出てこなければ「席を立つ」(walk away)というのはトランプ氏が事前に示していた方針で、現場で決断したのもトランプ氏だった。「ハノイで『席を立つ』ことが、対中交渉でもどこでも同じ姿勢を取れると世界に明示することになるという正しい洞察を彼は示した」とボルトン氏も評価している。

北朝鮮の金正恩委員長は、定義が明確でない「寧辺の核施設の廃棄」と引き換えに事実上全ての制裁を解除するという、ボルトン氏から見れば論外の案を米側にのませようとした。会談の終盤、危うい場面があった。トランプ氏が金正恩氏に対し、追加提案はないのか、例えば制裁の完全解除ではなく何%かの解除とか、と尋ねたのである。「疑いもなく、これは会談において最悪の瞬間だった」とボルトン氏は記述する。金正恩氏が何か譲歩案を示したら、トランプ氏はのんでしまったかもしれない。しかし幸い、金正恩氏は新提案を示さなかった。

ボルトン氏の非核化構想は明確である。まず北朝鮮に核関連の申告をさせ、米側の情報と突き合わせて非核化対象を特定する。対象の解体・搬出作業は、リビアの例に照らし6~9か月で完了する。その後で制裁を解除するというものである(いわゆるリビア・モデル)。

ボルトン氏は、韓国の文在寅政権を終始侮蔑的に描く一方、安倍晋三政権の対北姿勢は高く評価している。(引用ここまで)

ボルトン回顧録に見る米朝関係|島田洋一 | Hanadaプラス
話題のボルトン回顧録で明らかとなった米朝交渉の実態と日本への警鐘

トランプの外交政策がいったりばったりだということは最初から言われていたし、また本当にその通りだった。

その点安倍首相が相手の先手を打ってトランプに会いに行ったのは素晴らしい判断だったと言えよう。

スポンサーリンク

おかげでアジアにおけるトランプ・アメリカの動きは安倍首相の思うままになった。

トランプとインド・モディ首相との握手など、安倍首相が水面下で働いてきたからこその成果と言えよう。

一方北朝鮮とは話が進まないままここまできてしまった。

アメリカの失点ではないものの、朝鮮半島は更に混乱していくのではないか。

ボルトンの暴露本は、暴露という左派の興味からはほど遠いものだった。

まあ当然である。

ここ四年間トランプは余計な火遊びをしているほど暇ではなかったのだ。

むしろその四年間をロシアゲートのような事件をでっち上げていた民主党の方が色々とやばそうではある。

猫ねこ動画

犬いぬ動画

どうぶつ動画

動画が大量になってきたので3つに分けました。

ようこそ日本へ
外国人の日本訪問動画です。

日々是健康

健康について日々思う事を。

掃除をしろ、さもなくば死だ

絶望的に掃除が苦手な男が掃除を勉強します。

男の料理

一人暮らしの料理の助けに。

大学・高校入試徹底研究

学習のお手伝いに。

お暇なら覗いてみてくださいね


政治ランキング

アクセスランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました