スポンサーリンク
adsense002

大原浩氏、「コロナ後」の世界で実は「日本の製造業」が大復活しそうなワケ…!

「コロナ後」の世界で、じつは「日本の製造業」が大復活しそうなワケ…!

GAFAは後退する

日本への「製造業回帰」が急速に進む…!

香港での反政府的な動きを取り締まる「香港国家安全維持法」が成立した。7月1日は香港の共産主義中国への返還・再譲渡から23年目の記念日となるが、同日からの施行をもくろんだ、民主主義への暴挙だと言える。

この問題の本質については、6月23日の記事「香港問題の真の意味…世界が直面しているのは『反民主主義』の脅威だ」などの過去の一連の記事を参照いただきたいが、2008年の拙著「韓国企業はなぜ中国から夜逃げするのか」で懸念していたことがまさに現実のものとなりつつある。

今や中国からの撤退は急務だ。日本政府による新型肺炎感染拡大に伴う緊急経済対策に「生産拠点の国内回帰や多元化支援」のための予算が2435億円盛り込まれたので、これを活用するという手もある。

しかし、製造業の国内回帰は、単純に生産拠点のリスク回避のための分散という側面だけではなく、世界の製造業がテクノロジーの進化による抜本的構造転換を迫られている結果だとも言える。

要するに、世界の製造業が高度化し、日本でしか製造できないハイクオリティな「日本品質」の製品(部品・製造装置・原材料)が世界市場を牛耳り始めているのである。(引用ここまで)

「コロナ後」の世界で、じつは「日本の製造業」が大復活しそうなワケ…!(大原 浩) @moneygendai
過去の成長産業も、市場の寡占が行き過ぎて独占禁止法によって分割され力を失っていったのだ。もちろん、先端技術がインフラとして定着すれば、「成長性」も当然低下する。今それがGAFAで起きている。それでは、次の成長産業は何か。それは微細、量子の分野ではないか。市場ではやされている量子コンピュータは問題が多すぎる。しかし、医療...

アメリカの分断はどうやら根が深そうである。

そしてその分断を深めようとする連中も確かに存在するようだ。

スポンサーリンク

我々のようにアメリカを一種「民主主義の手本」のように捉えてきた世代にとってはどうしてアメリカがこんな風になったのか不思議でならない。

アメリカがイノベーションをリードするのもこれでしばらくは無いのだろうか。

だとすれば日本にはチャンスである。

信じてもらえるかどうか分からないが、今アメリカは日本のアニメの虜である。

一昔前の『AKIRA』や『Princess MONONOKE』のようにある意味高尚なアニメをありがたがっていた時代から、時代が移って、今や『NARUTO』や『Demon Slayer(鬼滅の刃)』を日本人よりも熱中して見ている。

まあ遙かな昔から物語を作り続けてきた日本人が、アメリカ人を「毎週」「ただで見れる」アニメで圧倒するのは実はチョロいことなのだ。

そして日本にはアメリカ人どころか世界中の人が持っていない「細かさ」がある。

GAFAの最近の政治的偏りを見るにつけ、日本にそろそろそういったイノベーションが生まれてくれればと願うのだ。

大原浩氏、日本人にはわからない「米国暴動・現代の魔女狩り」の予感

大原浩氏、米国デモ・暴動が結局「トランプ再選」をサポートするという現実

大原浩氏、世界新冷戦で中国窮地に! 米・英・台湾で香港奪還へ…日本も決断を

大原浩氏、共産主義中国より「華僑・台湾」と手を組んだ方が日本は発展する

大原浩氏、自給自足型経済で“V字回復”日本の黄金時代到来へ!

大原浩氏、歪んだ日本のPCR検査信仰 死者・感染者が少ないのには理由がある

大原浩氏、コロナで「潰れる人、潰れない人」

大原浩氏、独裁国家・中国が常任理事国にいる異常

大原浩氏、WHOの問題は氷山の一角「国連」のお粗末すぎる内情

大原浩氏、コロナ危機 日本は本気で「中国からの撤退と北朝鮮崩壊」に準備せよ

猫ねこ動画

犬いぬ動画

どうぶつ動画

動画が大量になってきたので3つに分けました。

ようこそ日本へ
外国人の日本訪問動画です。

日々是健康

健康について日々思う事を。

掃除をしろ、さもなくば死だ

絶望的に掃除が苦手な男が掃除を勉強します。

男の料理

一人暮らしの料理の助けに。

大学・高校入試徹底研究

学習のお手伝いに。

お暇なら覗いてみてくださいね


政治ランキング

アクセスランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

政治
スポンサーリンク
kotonoaniをフォローする
名無しの果て

コメント

タイトルとURLをコピーしました