スポンサーリンク
adsense002

阿比留瑠比氏、横田さん一家を悲しませた 朝日社説と政治家の実名

【阿比留瑠比】横田さん一家を悲しませた 朝日社説と政治家の実名

拉致解決を遠ざけてきた犯人

拉致被害者、横田めぐみさんの父・滋さんが亡くなり、妻・早紀江さんら遺族が記者会見を開きました。ご家族が心底から発する言葉に、私は心を揺さぶられ、涙がこみ上げてきた。このまま拉致問題の傍観者でいいのか──改めて自問した人も多かったのではないでしょうか。

めぐみさんの弟・拓也さんは、「マスコミもイデオロギーに関係なく、この問題を我がこととしてもっと取り上げてほしい」と訴えました。北朝鮮による国家犯罪を、主義主張という色眼鏡で見るなという当然の話です。しかし、残念ながらそうではなかった。イデオロギーや誤った贖罪史観に縛られて北朝鮮の肩を持ち、拉致問題解決を遠ざけたマスコミの責任は重い。

産経新聞は1980年の「アベック3組ナゾの蒸発 外国情報機関が関与?」という記事を皮切りに、いち早く北朝鮮の拉致関与を疑ってきました。その一方で、他の新聞社・テレビ局はダンマリを決め込んでいた。
かつて日本社会において、北朝鮮批判はタブーに等しかった。
1つの例として、国名の表記が挙げられます。産経新聞が開き直って「北朝鮮」と書き始める前まで、各紙は揃って「朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)」と表記していました。「北朝鮮」と省略すると、朝鮮総連から抗議が来るからです。

北朝鮮を批判的に報じてきた産経新聞の社屋に、朝鮮総連の人たちが押し寄せることもあった。
北朝鮮の肩を持ってきたマスコミの代表が朝日新聞です。彼らは、拉致被害者のことを「密出国者」「行方不明者」と表記し、金王朝をかばい続けました。社説で拉致問題を「日朝国交正常化の障害」(1999年8月31日付)と言ってのけ、家族会が抗議したこともあります。

それどころか、国民の目を拉致問題から逸らさせるかのように、旧日本軍が朝鮮半島から若い女性を強制連行して性奴隷にしたという虚偽の慰安婦キャンペーンを展開していました。(引用ここまで)

【阿比留瑠比】横田さん一家を悲しませた 朝日社説と政治家の実名
拉致を否定してきた人間が「申し訳ない」とはどの口が言うのか――。(『WiLL』2020年8月号掲載)

かなり長文の記事である。

やはり何が行われてきたのかそばで見ていた人にとって滋氏の死はショックであったのだろう。

スポンサーリンク

横田氏ご一家が勇気を持って実名報道したことにより拉致被害は実際のものとして日本人に広まった。

だが、北朝鮮は金王朝を巡るおままごとで手一杯である。

一時は解決に繋がるかと思われた米朝首脳会談も、文在寅の馬鹿がそもそもを叩き潰し、ハノイでの会談は中止となった。

はっきりいって拉致被害者家族の皆さんは我慢の限界だろう。

それでもメディアは一向に変わろうとしない。

アメリカであれば、人工国家であるから、10人拉致されれば100人犠牲になっても取り返すそうだ。

日本は一体何をしてきたのか。

怒りで震える。

猫ねこ動画

犬いぬ動画

どうぶつ動画

動画が大量になってきたので3つに分けました。

ようこそ日本へ
外国人の日本訪問動画です。

日々是健康

健康について日々思う事を。

掃除をしろ、さもなくば死だ

絶望的に掃除が苦手な男が掃除を勉強します。

男の料理

一人暮らしの料理の助けに。

大学・高校入試徹底研究

学習のお手伝いに。

お暇なら覗いてみてくださいね


政治ランキング

アクセスランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました