2020-05-05

スポンサーリンク
政治

百田尚樹さん、『カエルの楽園2020』は極めて時事的なテーマ

『カエルの楽園2020』を紙の本で読みたい!とおっしゃってくれる方が沢山いらっしゃいますが、これを書籍化するつもりはありません。 というのは読めばわかりますが、極めて時事的なテーマを扱っているからです。 つまり今しか読めない小説なのです。 しかし逆に、今こそ読んでもらいたい小説です。
政治

門田隆将氏、9年前と重なる「国難」に国民はどう立ち向かうか? 

新型コロナウイルスの感染が世界中に広がっている。
政治

小野田紀美議員、夕刊フジに取り上げられる

政治家は世間の空気感や世界の動きに敏感ではない人も多い。もっとSNSなどを通じて現実を知るべきだ。
中国

石平さん、焦点ずらしの罵倒で応戦するのは中国伝統の喧嘩法

中国のCCTVがそれほど立腹してポンペオ国務長官を罵倒しているところからすれば、米国が確かな証拠を握っていると見て良いと思う。証拠が突きつけられると思えば、焦点ずらしの罵倒で応戦するのは中国伝統の喧嘩法だからである。
政治

長谷川幸洋氏、大型連休明け 永田町はどう動く?

大型連休明けの永田町は、どう動くのか。新型コロナウイルスの終息が見えないなかで、「ポスト安倍」をめぐる自民党内の暗闘は、水面下で激しく続きそうだ。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました