スポンサーリンク
adsense002

大原浩氏、中国「新型コロナ封じ込め」強権の行く先は北朝鮮化か、それとも…

中国「新型コロナ封じ込め」強権の行く先は北朝鮮化か、それとも…

習近平とWHOは世界に謝罪すべきだ

テレビ・キャスターや中国人民は謝罪する必要がない

中国中央テレビの邱孟煌キャスターがSNSに「我々は申し訳ないという気持ちを込めて柔らかい口調でマスクをしたまま世界に向けてお辞儀をし、『すみません、迷惑を掛けました』と言わなければならないのではないか」と投稿して炎上したと報道された。

その後コメントは削除されたが、邱キャスターの気持ちはよくわかる。多くの日本人が「もし、日本発のウィルスで、しかも対応の不手際によって(人災で)世界の人々を混乱に陥れた」とすれば同じ感情を持つのではないだろうか?

ただ、「反省しすぎ」なのが日本人の欠点である。冷静に考えて、日本政府の対応の不手際によって、日本で発生したウィルスが拡散したとすれば、一番の被害者は日本国民である。日本国民はまず、政権や官僚・役人に対して怒るべきなのである。

共産主義中国でも同じことが言える。キャスターも含めた人民は、共産党政権の「隠ぺい工作」によって、武漢肺炎ウィルスを中国全土のみならず全世界に広げた組織を糾弾すべきだ。

「A級戦犯」は習近平氏と、それを支える共産党幹部、さらには人口のわずか数%である特権階級の共産党員である。

武漢中心医院の眼科医、李文亮氏は、 12月30日に「海鮮市場で7件の重症急性呼吸器症候群(SARS)に似た肺炎が確認された」とSNSに書き込んだ。ところが、この書き込みを発見した武漢市公安当局は李氏の書き込みを見つけ出し、事実でない書き込みであり「治安管理処罰法」に違反しているとして李氏を処罰した。そして、とても悲しいことに、李医師は2月7日に武漢肺炎によって亡くなった。

その他にも隠ぺい工作が数え切れないほど行われ、世界中に感染が拡大した。謝罪すべきは、人災でウィルスを拡散した習近平氏と、その隠ぺい工作(責任逃れ)に加担した国連機関であるWHO事務局長のテドロス・アダノム氏である。(引用ここまで)

中国「新型コロナ封じ込め」強権の行く先は北朝鮮化か、それとも…(大原 浩) @gendai_biz
「現代ビジネス」は、第一線で活躍するビジネスパーソン、マネジメント層に向けて、プロフェッショナルの分析に基づいた記事を届ける新創刊メディアです。政治、経済からライフスタイルまで、ネットの特性を最大限にいかした新しい時代のジャーナリズムの可能性を追及します。

記事中で大原氏によると中国の進むシナリオは二通りあるという。

一つは国民による共産党打倒、もう一つは共産党の権力強化による北朝鮮化である。

スポンサーリンク

二番目の説は面白いし、ぜひ実現すればいいと思うものの、実現可能性は低いか。

もはや共産党が14億もの民を抱える中国を統治するのは不可能で、これ以上秘密警察のような事をすると共産党自体が潰れてしまうのではないか。

中国が倒れるとしたら国民の武装蜂起、一部の人民解放軍の裏切りに支えられた軍閥の独立などがある。

おそらく習近平が暴発することによってアメリカおよび世界対中国という図式の戦争で中国が負けるところから始まるのだろう。

日本も台湾との交流を盛んにし、第一列島線を死守する構えを見せなければならない。

中国など何万年たとうがああいう国なのである。

それをはっきりさせる時がきたようだ。

大原浩氏、武漢肺炎危機が「致命傷」と化す中国「道連れ」になる韓国・北朝鮮

大原浩氏、日本国民を売って自らの利権を確保する政治家らに裁きを

大原浩氏、平和ボケの日本はそろそろ「中国有事」に備えたほうがいい

大原浩氏、肥大化した帝国「共産主義中国」…その国家としての寿命を考えてみる

猫ねこ動画

犬いぬ動画

どうぶつ動画

動画が大量になってきたので3つに分けました。

ようこそ日本へ
外国人の日本訪問動画です。

日々是健康

健康について日々思う事を。

掃除をしろ、さもなくば死だ

絶望的に掃除が苦手な男が掃除を勉強します。

男の料理

一人暮らしの料理の助けに。

大学・高校入試徹底研究

学習のお手伝いに。

お暇なら覗いてみてくださいね


政治ランキング

アクセスランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました