スポンサーリンク
adsense002

新型コロナ:中国で終息の嘘と2次感染の危険性

新型コロナ:中国で終息の嘘と2次感染の危険性

パンデミック招いた中国共産党の情報隠蔽と独裁維持至上主義

矢野義昭

危機管理の初動対処にとり最も大切な要件は、正確な情報の伝達と共有である。

それがなければ、危機の実態を把握するのが遅れ、また対処行動をとっても的確な判断ができず、成果につながらない。結果的に初動対処に後れをとり、危機を拡大させてしまうことになる。

その点では、独裁的体制は一見堅固なようでも、危機には脆い面も抱えている。

そのためにかえって、情報を隠蔽し事実を歪曲して、何とか独裁体制の面子を保ち、権力の正統性を守ることに躍起になる。

今回のコロナウイルス問題への対応でも、中国共産党は独裁体制の欺瞞性と脆弱性を露呈した。

武漢市党委員会の情報隠蔽と証拠隠滅招いた習近平独裁強化

昨年の12月1日には、武漢の海鮮市場において41例の感染症患者の発生が確認されていたが、そのうちの約3分の1は海鮮市場には接触していなかったことが、今年1月24日の医学専門誌『ランセット』の論文で明らかにされている。

すなわち、昨年12月1日にはヒトからヒトへの感染があることは確認されていた。これはパンデミックになりかねない新型ウイルスの出現を意味していた。

SARSの教訓を踏まえて、このような新型の感染症が起きれば、WHO(世界保健機関)を通じ、直ちに国民と世界に対して、その脅威を警告することが国際合意になっていた。

それにもかかわらず、またも自らが新型感染症の発生源となりながら、中国当局は、初動における感染拡大阻止のための最も重要な責務を果たさなかった。それがパンデミックを招く元凶となった。

12月8日には最初の患者発生が世界に報じられた。新型の感染症の発生については知られるようになったが、ヒトからヒトへの感染の事実はないとされた。

この最初の時点から、情報隠蔽はすでに始まっていた。

12月16日には、上海の感染予防センターがサンプルを採りに武漢に赴いており、その結果は1月5日には報告されている。

北京の党中央はこの時点で、コロナウイルスの発生については、少なくとも報告を受けていたはずである。(引用ここまで)

新型コロナ:中国で終息の嘘と2次感染の危険性 パンデミック招いた中国共産党の情報隠蔽と独裁維持至上主義 | JBpress(Japan Business Press)
危機管理の初動対処にとり最も大切な要件は、正確な情報の伝達と共有である。それがなければ、危機の実態が把握するのが遅れ、また対処行動をとっても的確な判断ができず、成果につながらない。結果的に初動対処に後れをとり、危機を拡大させてしまうことになる。

武漢ウィルスが世界中に広まってしまった。

クルーズ船がどうこう言っていた頃が懐かしい。

スポンサーリンク

今やヨーロッパでの感染が著しい。

そしてじきにアメリカが追いつくだろう。

トランプ大統領がピークを7~8月と言ったようだが、確かに温度が上がっても乾燥していると武漢ウィルスは生き延びることができる。

武漢ウィルスは世界大恐慌の引き金を引いてしまったのだ。

中国も再び感染者は増えているはずだ。

こうなってしまったことの責任をどう取るのか。

今沢山の情報戦が繰り広げられているが、正直騙される奴はいない。

習近平ら中共の連中はどうするつもりなのだろう。

猫ねこ動画

犬いぬ動画

どうぶつ動画

動画が大量になってきたので3つに分けました。

ようこそ日本へ
外国人の日本訪問動画です。

日々是健康

健康について日々思う事を。

掃除をしろ、さもなくば死だ

絶望的に掃除が苦手な男が掃除を勉強します。

男の料理

一人暮らしの料理の助けに。

大学・高校入試徹底研究

学習のお手伝いに。

お暇なら覗いてみてくださいね


政治ランキング

アクセスランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

中国 政治
スポンサーリンク
kotonoaniをフォローする
名無しの果て

コメント

タイトルとURLをコピーしました