スポンサーリンク
adsense002

石平さん、「中国のウイルス隠蔽」を断罪!賠償金1京円の声も

【新型コロナ】評論家は「中国のウイルス隠蔽」を断罪!賠償金1京円の声も

世界中で猛威を振るう新型コロナウイルスをめぐって、中国が責任転嫁に必死だ。習近平国家主席(66)は16日発行の共産党政治理論誌に「発生源は中国とは限らない」とする論文を寄稿。中国高官は“米軍持ち込み説”を主張し、これに米国が猛反発している。日増しに高まる中国責任論をけん制する狙いがあるとみられるが、感染拡大の原因は発生源よりも、未知のウイルスを検出しておきながら事実を隠蔽したことだ。中国事情に詳しい評論家の石平氏は「やってることはヤクザそのもの。賠償責任は中国にある」と断罪した――。

中国の湖北省武漢市で初めて患者が発生した新型コロナウイルスは、世界の感染者が15万人を超え地球規模の大混乱をもたらしている。

目下の感染急拡大地は欧米で、イタリアでは政府が15日、感染による死者が前日より368人増えて1809人になったと発表。感染者は2万4747人となった。スペインでは14日に非常事態宣言が出され、全土で外出制限に。ドイツは国境線を封鎖した。

米国でもドナルド・トランプ大統領が国家非常事態を宣言。欧州からの入国を30日間禁止する措置を取り、感染防止のため500億ドル(約5兆4000億円)を投入するとした。

だが、公衆衛生に詳しい人物に言わせれば「米国の感染拡大は免れない。格差社会の米国では、医療を受けられる人とそうでない人がいる。政府は医療保険に入っていない人も無料でウイルス検査できるようにすると約束したが、実践できるかは懐疑的だ」という。

トランプ氏にも感染疑惑が持ち上がったが、検査結果は「陰性」。ただし潜伏期間の可能性もあるため、油断はできない。

そんななか、せっせと責任転嫁にいそしんでいるのが中国だ。習氏は共産党の政治理論誌「求是」に「病原体がどこから来て、どこに向かったのか明らかにしなければいけない」と訴える論文を寄稿。人工知能(AI)やビッグデータなどの新技術を活用して調べるよう強調した。これとは別に趙立堅外務省副報道局長は「米軍が武漢にウイルスを持ち込んだ」と主張。米国は猛反発している。

「中国はヤクザ国家だ。今まで一度も非を認めて謝ったことがない。今回も賠償責任を恐れて、責任転嫁するつもりなのだろう」

そう語るのは評論家の石平氏。そもそもパンデミック(世界的大流行)に拡大したのは、中国の初動ミスが決定打となったとみられる。(引用ここまで)

表示できません - Yahoo!ニュース

中国の情報操作にはアメリカがかなり怒っている。

それは当然で、アメリカに賠償金の請求先が来られても困ると言うことだろう。

スポンサーリンク

ポンペオ国務長官もはっきり「武漢ウィルス」と語っているし、トランプ大統領も自ら「チャイニーズウィルス」と言っている。

中国は自らのやり方が西側諸国に激しい反発を生むことを理解していないのだろうか。

おそらくはそうなのだろう。

弾圧を加えれば黙らせることができる中国国内のメディアとはまったく違っている。

香港弾圧の時とよく似ているといえるのではないだろうか。

あの時もメディアから漏れ伝えられる情報は西側諸国には考えられないレベルの愚劣さだった。

習近平周辺はよく分かっていないように思われる。

既に世界の敵なのだよ、中国は。

石平さん、持論の通り中国に近づくと災いが降ってくる

石平さん、いわゆる「ほぼ終息」は習近平の意向に沿った「脳内終息」

石平さん、日本国の象徴である天皇陛下を習近平に会わせてはならない

石平さん、自己弁護に追い込まれた「独裁者」の落ち目

石平さん、安倍政権は中国に忖度して日本国民を危険に晒したわけである

石平さん、安倍政権にはもう、絶望しかけている

石平さん、習近平中央独裁体制の綻び

石平さん、習近平視察は北京がウィルス拡大の最前線となったことを暴露

石平さん、新型肺炎:1人の医師の死が引き起こす中国政治の地殻変動

石平さん、習近平の身に何か起きているのではないか

猫ねこ動画

犬いぬ動画

どうぶつ動画

動画が大量になってきたので3つに分けました。

ようこそ日本へ
外国人の日本訪問動画です。

日々是健康

健康について日々思う事を。

掃除をしろ、さもなくば死だ

絶望的に掃除が苦手な男が掃除を勉強します。

男の料理

一人暮らしの料理の助けに。

大学・高校入試徹底研究

学習のお手伝いに。

お暇なら覗いてみてくださいね


政治ランキング

アクセスランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました