スポンサーリンク
adsense002

河添恵子氏、中国当局が関与!?新型コロナ「人工ウイルス」証拠論文が“消滅”

中国当局が関与!?新型コロナ「人工ウイルス」証拠論文が“消滅” 超エリート教授が迫った「2つの研究所」と「ウイルス流出説」

■ノンフィクション作家・河添恵子氏が緊急寄稿

中国発の新型コロナウイルスの感染拡大が、世界の脅威となっている。世界全体で感染者は15万人を超え、死者は6000人を上回った(共同通信、15日集計)。中国の習近平国家主席は、被害が深刻な韓国とイタリア、イランの各首脳に「心からの見舞い」を伝える電報を送ったというが、初動対応の遅れは「人類に対する罪」ではないのか。中国当局による情報操作や隠蔽疑惑への不信感も高まっている。こうしたなか、中国人の超エリート教授が「ウイルスの起源」に迫った英文リポートが注目されている。2月に英文で発表されたが、すぐ削除されたのだ。中国当局の関与も疑われている。ノンフィクション作家の河添恵子氏が迫った。

「習氏と私は、ウイルスがどこから来たのかを知っている」

ドナルド・トランプ米大統領は13日、ホワイトハウスで国家非常事態を宣言した記者会見でこう語り、周囲の笑いを誘った。

中国外務省の趙立堅報道官が前日、「米軍が(湖北省)武漢市に今回のウイルスを持ち込んだのかもしれない。米国はわれわれに説明すべきだ」とツイッターに書き込んだことへの、余裕のカウンターアタック(反撃)とみられる。

中国の挑発的な“責任転換”発言に対しては、デービッド・スティルウェル米国務次官補(東アジア・太平洋担当)が13日、中国の崔天凱駐米大使を国務省に呼びつけて、厳重に抗議した。

共和党のジョシュア・ホーリー上院議員(ミズーリ州)も、「中国外務省の道化師が、ツイッターに『露骨なウソ』を書き込んだので、それに反論したところ、私をブロックしたことを喜んでお伝えする」とツイッターで発信したことも話題になった。

WHO(世界保健機関)がようやく、新型コロナウイルスの感染拡大を「パンデミック(世界的大流行)」と認めたことで、中国や習政権に対する風当たりが強まっている。

また、世界の科学者や専門家が少なからず、「天然ではなく人工の可能性」を示唆していることもあるのか、中国側は白々しく「米国が拡散した」「日本ウイルス」「イタリアウイルス」などと表現するなど、明らかにウイルスの“脱中国化”を進めようとしている。(引用ここまで)

中国当局が関与!?新型コロナ「人工ウイルス」証拠論文が“消滅” 超エリート教授が迫った「2つの研究所」と「ウイルス流出説」
■ノンフィクション作家・河添恵子氏が緊急寄稿中国発の新型コロナウイルスの感染拡大が、世界の脅威となっている。世界全体で感染者は15万人を超え、死者は6000人を…

まあいつもの中国である。

他人に責任をなすりつけることと、強健による情報操作。

スポンサーリンク

事がこれほどまでに大きくなり、アメリカもヨーロッパも怒り心頭なので、中国としては何としても逃れたいと思うのもわからなくはない。

だがこれは武漢発祥のウィルスであり、人の手が加わったウィルスなのはほぼ間違いのないことだ。

責任追及が始まれば、恐ろしい額の賠償金が請求されるかも知れない。

つまりまた中国は西欧に乞食同然にされるのである。

日本も当然オリンピックその他賠償金を何とかして取りたいところだ。

世界対中国。

随分前からそういう風に色分けがされてきたが、ますますその色がはっきりとしてきた。

中国はもう既に詰んでいる。

河添恵子氏、新型コロナの正体 やはり“人工的”ウイルスか 

河添恵子氏、中国人75%が「新型コロナは人工的ウイルス」

河添恵子氏、中国・共産党政権存続の危機!? 新型コロナで経済的打撃が集中

河添恵子氏、北京が“毒都”になった 「秩序も崩壊…共産党は“陥落目前”だ!」

河添恵子氏、中国企業が従業員を大量解雇!習主席が最も恐れる事態に… 

猫ねこ動画

犬いぬ動画

どうぶつ動画

動画が大量になってきたので3つに分けました。

ようこそ日本へ
外国人の日本訪問動画です。

日々是健康

健康について日々思う事を。

掃除をしろ、さもなくば死だ

絶望的に掃除が苦手な男が掃除を勉強します。

男の料理

一人暮らしの料理の助けに。

大学・高校入試徹底研究

学習のお手伝いに。

お暇なら覗いてみてくださいね


政治ランキング

アクセスランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました