スポンサーリンク
adsense002

ウイルスに怯える北朝鮮の証拠写真

ウイルスに怯える北朝鮮の証拠写真

軍人や側近の前に姿を現さなくなった金正恩

北朝鮮(以後、北)は、米朝交渉の期限を2019年末として、「世界は、近くわが国が保有することになる新たな戦略兵器を目の当たりにすることになるだろう」とまで言い切って、米国に対して揺さぶりをかけた。

ところが、年を越え、イラン革命防衛隊「コッズ部隊」司令官が米軍無人機による空爆で殺害されてしまった。

当然、強硬手段をちらつかせてきた金正恩委員長は、次に無人機によって殺害されるのは自分だと考え、恐怖で震え、空から見える場所に出るのが少なくなった。

もちろん、記念行事に参加する金正恩氏の行動が実況中継されることは全くなかった。

1月23日、新型コロナウイルスの蔓延によって中国の武漢市が封鎖された。

新型コロナウイルスが北の中朝国境の地域や平壌に広まったことで、北は1月28日に「国家非常防疫体制」へ転換し、「拡大防止は国家存亡にかかわる重大な問題」、「すべての通路と隙間の完全封鎖」を指示した。

北では、食料が不足すると飢えで死亡するのは人民だ。だが、ウイルスは、首領様であろうが、政治局員、軍人、人民にも同じ人間として感染する。

持病がある人は重症化しやすく、死に至る可能性も高い。金正恩氏は若いにもかかわらず太りすぎで、多くの持病がある。

ウイルスが感染すれば、重症化するし、死を招くことも十分ありうる。誰よりも恐れているのは、金正恩氏自身だろう。

そのためか、金正恩氏は側近・軍人の前にさえも現れなくなった。

そう言うとまず間違いなく反論が返ってくる。「金正恩氏は北の国家行事に参加し、ミサイル発射訓練の視察も行っているではないか、写真にも写っている」と。

だが、その写真が本物ではない疑いがある。

私は、軍人と一緒に映っているのは、金正恩氏と軍人を別々に撮影して、一緒にいるように見せかけた合成されたものだと分析している。その根拠を紹介する。(引用ここまで)

ウイルスに怯える北朝鮮の証拠写真 軍人や側近の前に姿を現さなくなった金正恩 | JBpress(Japan Business Press)
新型コロナウイルスが北の中朝国境の地域や平壌に広まったことで、北朝鮮は1月28日に「国家非常防疫体制」へ転換し、「拡大防止は国家存亡にかかわる重大な問題」、「すべての通路と隙間の完全封鎖」を指示した。食料が不足すると飢えで死亡するのは人民だ。だが、ウイルスは、首領様であろうが、政治局員、軍人、人民にも同じ人間として感染...

篠原常一郎氏によると、金正恩は脂肪吸引手術の失敗で少なくとも前面に出てくることは不可能らしい。

どうも脂肪が心臓に溜まってしまうらしいのだ。

スポンサーリンク

これは誰が聞いても金正恩の「死」を考えてしまう。

もし金正恩が死んでいたとしたら、新年以降の北朝鮮のドタバタも全て納得がいく。

替え玉による映像はできる限り出さない。

妹に権力を委譲し、摂政として幼い子供に権力を継承させる。

そういう政策をとっていても不思議ではない。

だが北朝鮮は男尊女卑の国であり、クーデターも起こりかねない。

まあこんな国が長年持つとは思えないが。

拉致被害者だけが気になるところである。

猫ねこ動画

犬いぬ動画

どうぶつ動画

動画が大量になってきたので3つに分けました。

ようこそ日本へ
外国人の日本訪問動画です。

日々是健康

健康について日々思う事を。

掃除をしろ、さもなくば死だ

絶望的に掃除が苦手な男が掃除を勉強します。

男の料理

一人暮らしの料理の助けに。

大学・高校入試徹底研究

学習のお手伝いに。

お暇なら覗いてみてくださいね


政治ランキング

アクセスランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

政治
スポンサーリンク
kotonoaniをフォローする
名無しの果て

コメント

タイトルとURLをコピーしました