スポンサーリンク
adsense002

武藤正敏氏、コロナへの稚拙対応で露呈 文在寅政権の「お約束」

コロナへの稚拙対応で露呈、文在寅政権の「お約束」

ここでも現れた文在寅政権の典型的行動パターン

文在寅政権の新型コロナウイルス対策を見ると、文在寅政権の典型的行動パターンが見事に現れている。

文大統領の内政上の最大の目標は、左派長期政権の確立だが、現在そのための最大の障害物となっているのが新型コロナウイルスだ。コロナ感染拡大は多くの人命を奪い、韓国経済を危機的状況に陥れている。しかし、国会議員選挙は4月15日に迫っており(予定どおりするかどうかは10日時点では未定)、ここで与党が国民の信を失うことは文在寅政権にとって致命傷になりかねない。

コロナ対応でも出た「お約束」のパターン

そのため文政権は、この状況を何とか乗り切ることを軸にさまざまな手を打っているのだが、現在の行動を分析すると、そこには文政権のこれまでの「お約束」のような特徴が如実にあらわれてことに気が付く。つまり次のようなパターンだ。

(1)責任転嫁:「コロナ事態は大邱事態」という主張
(2)政治的謀略:「新天地イエス教会は保守と結びついている」との批判
(3)自画自賛:文政権の対応は「地球最高の防疫」と賞賛
(4)事実歪曲:「MERSの死者は260人」という虚偽の流布

文政権は素人集団である。専門知識もなければ、行き当たりばったりの政治をしている。その結果、嘘がばれることもしばしばである。そこで姿を現すのが次に挙げる5つ目の特徴だ。

(5)混乱と狼狽:二転三転どころでないマスク対策

これら5つの特徴を踏まえ、文政権の新型コロナ対策からその政治スタイルまでを検証してみよう。

(文政権の行動パターンは、拙著『文在寅の災厄』、並びに新刊『文在寅の謀略―すべて見抜いた』<ともに悟空出版>を参照願いたい)(引用ここまで)

コロナへの稚拙対応で露呈、文在寅政権の「お約束」 ここでも現れた文在寅政権の典型的行動パターン | JBpress(Japan Business Press)
新型コロナウイルス対策に追われる文在寅政権だが、大統領にとっては4月15日に迫る国会議員選挙での与党勝利が至上命題だ。そのためにも、コロナによる難局を首尾よく乗り切りたい。そのためにさまざまな手を打っているが、その行動を分析すると、そこには文政権のこれまでの「お約束」のような特徴が如実にあらわれてことに気が付く。

まあ韓国は小中華だけに武漢肺炎が蔓延しても不思議でもなんでもない。

あの国の不潔さは誰もが知っている。

スポンサーリンク

例えば外食の際出てきた小鉢は次の客に再利用されることが当たり前である。

そりゃあそうだ。

ほんの100年前までそんな小鉢さえなく、衛生観念などない所に住んでいたのだから。

それを日本が急激に外面だけ近代化させてしまったのだ。

いかに外面が近代化しても、内面が古代のままでは人間としては古代人なのだ。

それは日本の失敗だ。

外面だけに騙されて、内面が変わっていないことに気づかなかったのだ。

これでは武漢肺炎の感染を阻止することなど出来るはずもない。

武藤正敏氏、コロナ感染 なぜ日本と韓国とイタリアだけ「対応が遅れた」のか

武藤正敏氏、新型コロナ騒動のウラで、韓国・文在寅の「世論操作」が加速している!

武藤正敏氏、新型コロナで瓦解しだした文在寅政権の選挙戦略

武藤正敏氏、前法相の逮捕状請求棄却でも消えぬ文政権3つの疑惑

武藤正敏氏、GSOMIAで方針転換 動揺する文在寅の支持層

猫ねこ動画

犬いぬ動画

どうぶつ動画

動画が大量になってきたので3つに分けました。

ようこそ日本へ
外国人の日本訪問動画です。

日々是健康

健康について日々思う事を。

掃除をしろ、さもなくば死だ

絶望的に掃除が苦手な男が掃除を勉強します。

男の料理

一人暮らしの料理の助けに。

大学・高校入試徹底研究

学習のお手伝いに。

お暇なら覗いてみてくださいね


政治ランキング

アクセスランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました