スポンサーリンク
adsense002

福島香織氏、今頃になって武漢を訪れた習近平の胸の内

今頃になって武漢を訪れた習近平の胸の内

にこやかに手を振るも、人民の不満には向き合わず?

中国の新型コロナ肺炎の感染は徐々に鎮静化に向かっているらしい。1日あたりの新たな感染者は5日連続で50人以下にとどまり、中国の人々はおそるおそると、日常を取り戻そうとしている。

そういう中で、習近平国家主席は3月10日、感染発症後、初めて、新型コロナ肺炎の“震源地”である武漢を訪問した。さて、武漢市民としては、今頃来やがって! と思うか、ようやく来てくださった! と思うか。

決め台詞を発し、にこやかに手を振る習近平

新華社によれば、習近平は3月10日、武漢市の感染拡大防止コントロール任務を視察に訪れ、「今回の感染症との戦いで、湖北と武漢が重要中の最重要な戦勝の地である」と強調。勝利宣言とまではいかなかったが、「艱難辛苦努力を経て、湖北と武漢が感染状況を積極的に好転させ、重要な成果を獲得した。だがこの任務はまだまだ厳しい戦いが続く」と述べ、まるで“俺たちの戦いはまだ続く”といった少年漫画の最終回みたいなセリフを決めた。

それだけでは終わらない。

「武漢は英雄都市の名に恥じない。武漢人民は英雄的人民の名に恥じない。この新型肺炎との闘争の勝利を通じて、彼らの名は再び党の歴史書に刻まれるだろう。全党全国各族人民は、みなあなた方に感動し、感嘆し、党と人民は武漢人民に感謝するのだ!」

「今回の新型コロナ肺炎の予防とコントロールは、統治システムと統治能力にとって大きな試練であった。経験もあり、教訓もあった。長い目でみて、経験教訓を総括し、統治システムの弱点を急いで補わねばならない」

「あえて戦い、あえて勝利したことは、中国共産党人の鮮明なる政治品格であり、我々の政治優勢である!」などと、“金句(名言)”を連発したとか・・・。

新華社配信の写真をみると、ブルーのN95マスクをつけた習近平は、自宅隔離されている武漢市民がマンションの上層階の窓から手を振るのをにこやかに見上げて、手を振り返していた。どうやら、罵声は浴びなかったらしい。解放軍がオペレーションする火神山医院を視察したり、スクリーン越しに患者や現場の医師と交流、地域のボランティアや警官との座談会に参加したりと、満足のいく政治パフォーマンスをやり遂げたようだ。(引用ここまで)

今頃になって武漢を訪れた習近平の胸の内 にこやかに手を振るも、人民の不満には向き合わず? | JBpress(Japan Business Press)
習近平国家主席は3月10日、感染発症後、初めて、新型コロナ肺炎の“震源地”である武漢を訪問した。武漢市民としては、いまごろ来やがって! と思うか、ようやく来てくださった! と思うか。

もうネット上では出ているが、今回の習近平の武漢訪問はかなり仕組まれたもののようだ。

それはそうだろう。

スポンサーリンク

聞いている限り武漢では新型ウィルスが落ち着いてなどいない。

そんな中を習近平が出歩くなど恐ろしくて出来るはずがない。

武漢市民と習近平が談笑する場面があったが、この武漢市民実は北京から連れてきた偽物だったようだ。

習近平はそうまでして武漢は大丈夫と宣伝したかったのだ。

どうやらそうしないと経済がもたないらしい。

武漢や上海など、経済の中心地が少しでも早く正常に戻れないと、共産党政権自体が崩れてしまう。

だがこれは逆効果だろう。

むしろまたパンデミックを引き起こすのではないか。

習近平の愚かな宣伝が世界にとって最悪にならねばいいが。

福島香織氏、中国で「コロナ楽観論」を広げた「工場再稼働率データ」に捏造疑惑!

福島香織氏、蔡英文は忖度なし 新型コロナで中国切り離しを加速

福島香織氏、異例の公表、中国軍で新型コロナが大規模感染か

福島香織氏、習近平の大誤算…新型コロナ流行が「一帯一路戦略」にトドメを刺すか

福島香織氏、中国、異例の全人代延期で“責任者”探しの泥沼へ

福島香織氏、修羅場の中国、新型コロナで仁義なきマスク徴用合戦

福島香織氏、中国に必要な「メディア統制の解除」という処方箋

福島香織氏、「新型ウイルスはバイオ兵器?」の噂が囁かれる背景

猫ねこ動画

犬いぬ動画

どうぶつ動画

動画が大量になってきたので3つに分けました。

ようこそ日本へ
外国人の日本訪問動画です。

日々是健康

健康について日々思う事を。

掃除をしろ、さもなくば死だ

絶望的に掃除が苦手な男が掃除を勉強します。

男の料理

一人暮らしの料理の助けに。

大学・高校入試徹底研究

学習のお手伝いに。

お暇なら覗いてみてくださいね


政治ランキング

アクセスランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました