スポンサーリンク
adsense002

武藤正敏氏、コロナ感染 なぜ日本と韓国とイタリアだけ「対応が遅れた」のか

コロナ感染、なぜ日本と韓国とイタリアだけ「対応が遅れた」のか…?

世界各国との差が鮮明に

入国規制と「政治的配慮」の現実

3月5日夜、新型コロナ感染症対策本部において、安倍晋三総理は「今が正念場であり、機動的な水際対策についても躊躇なく断行していくことが不可欠だ。積極果敢な措置を講じる」と述べ、中国・韓国からの入国を3月末まで大幅に制限する方針を表明。入国者に対して、宿泊施設や医療施設などに2週間の待機を要請した。

さらに、短期ビザの効力を停止し、航空便の到着を成田と関空に限定。また、韓国やイランなどの一部地域を入国拒否の対象に追加(テロリストを対象とした入管法5条1項14号を根拠)した。日本と韓国がなぜもっと早くこれを行ってこなかったのか、疑問に思った人は多かったものと思う。

中国では武漢・湖北省以外の感染は終息しつつあると報じられている。規制するのであれば、米国が中国全土からの入国を規制した1月31日の時点で入国禁止すべきであったろう。

どの人の入国を認めるかは各国の主権事項であり、世界各国は、防疫が絡んだ問題では、政治的配慮は抜きにして規制をかけている。新型コロナの発生地である中国でさえ、ウィルスの再流入を防ぐ立場から、規制をかけており、2月以降は日本からの入国者に対する検疫措置を段階的に引き上げている。

北京、上海市では日本からの入国者に14日間、自宅や指定施設での隔離外出制限義務付けている。それに、重慶や広東省も追随している。日本は感染症の蔓延している武漢を含む湖北省に限定その後浙江省を追加しただけであった。(引用ここまで)

コロナ感染、なぜ日本と韓国とイタリアだけ「対応が遅れた」のか…?(武藤 正敏) @moneygendai
新型コロナウイルスへの対応をめぐって、日本政府はここへきて慌ただしく対応を急いでいる。直近では中国・韓国からの入国制限を強化する方針を表明したばかりだが、出遅れた感は否めない。世界を見渡せば、イタリア、イラン、韓国など対応の遅れで感染者が拡大している国が鮮明になってきた。ドイツの保健相が「新型コロナウイルスの流行はパン...

とりあえず普通の論説。

こういった論説がどうしても適当になってしまうのは、現在の感染状況と関係がある。

スポンサーリンク

日本は圧倒的に感染者の重篤化や死亡例が少ないのだ。

その代わりイタリアやイランなど、部分的に感染爆発が起きている所もある。

韓国も勿論そうだ。

これを一帯一路と結びつけて考えるのも、武藤氏だけではない。

これからアメリカの感染者もどんどん増えていくだろう。

また感染者が減少していると公言している中国でも、実際のところ患者数は増えているはずだ。

こういう中では世界と日本を比べるという本記事のテーマ自体がぶれるのは仕方ないだろう。

とにかく我々は日本にいて、そして日本は比較的安全なのだから。

武藤正敏氏、新型コロナ騒動のウラで、韓国・文在寅の「世論操作」が加速している!

武藤正敏氏、新型コロナで瓦解しだした文在寅政権の選挙戦略

武藤正敏氏、前法相の逮捕状請求棄却でも消えぬ文政権3つの疑惑

武藤正敏氏、GSOMIAで方針転換 動揺する文在寅の支持層

猫ねこ動画

犬いぬ動画

どうぶつ動画

動画が大量になってきたので3つに分けました。

ようこそ日本へ
外国人の日本訪問動画です。

日々是健康

健康について日々思う事を。

掃除をしろ、さもなくば死だ

絶望的に掃除が苦手な男が掃除を勉強します。

男の料理

一人暮らしの料理の助けに。

大学・高校入試徹底研究

学習のお手伝いに。

お暇なら覗いてみてくださいね


政治ランキング

アクセスランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました