スポンサーリンク
adsense002

高橋洋一氏、米大統領選 日本の外務省が「習近平の大失敗」を繰り返すかもしれない

米大統領選、日本の外務省が「習近平の大失敗」を繰り返すかもしれない

結果が出てからでは遅い

トランプ当選を振り返ると…

今年11月の米大統領選に向けて、民主党の候補者争いが過熱している。

’16年の大統領選にも立候補したサンダース氏やバイデン氏など、どの候補も大きく報じられ、民主党支持者の優勢ぶりを謳う報道もあるが、トランプ陣営からは「恐れるに足らず」といった雰囲気も感じる。これから半年以上も続く大統領選をどう見ていけばいいのか。

このことを考えるにあたり、前回の大統領選を思い出すのがいちばんいいだろう。

’15年6月、トランプ氏は正式に予備選へ立候補した。その当時共和党は十数人の候補者がいたが、当初、トランプ氏は支持率わずか3%に過ぎない泡沫候補とされていた。

4年前、’16年3月の時点でトランプ氏は5人の共和党候補者の一人であり、それでもまさか勝ち残ると予測している政治関係者は少なかった。まして、ヒラリー・クリントン氏を排し、大統領選で勝利すると思っている人はほとんどいなかった。

そうした事情もあり、政府や霞が関はトランプ氏を完全にノーマークだった。’16年11月に、大統領選にトランプ氏が勝利した直後、安倍首相がニューヨークへ表敬訪問しようとしたときでも、外務省は、現職のオバマ大統領に配慮し、訪問を止めようとしたともいわれている。(引用ここまで)

米大統領選、日本の外務省が「習近平の大失敗」を繰り返すかもしれない(ドクター Z) @moneygendai
今年11月の米大統領選に向けて、民主党の候補者争いが過熱している。どの候補も大きく報じられ、民主党支持者の優勢ぶりを謳う報道もあるが、トランプ陣営からは「恐れるに足らず」といった雰囲気も感じる。これから半年以上も続く大統領選をどう見ていけばいいのか。

暗黒卿。

トランプ初当選の時の騒ぎは今でもはっきり覚えている。

スポンサーリンク

当時日本政府も外務省も、ヒラリー当選確実と信じて疑っていなかった。

当然マスコミもCNN経由のヒラリー有利のニュースしか流さなかった。

それが結果はまったく逆になり、トランプの側近の中に安倍首相の知り合いがいたことからそのつてを辿って何とか安倍首相はトランプとの会談に臨むことができた。

その初めての会合で息が合ったことが現在までの日米の外交の確かさを生んでるのだから、やはり初めての印象は大切なのだろう。

最近もトランプは日本のコロナウィルス対応やオリンピックについて聞かれる度に「親友の安倍首相」と繰り返し発言しているし、何度も来日しているためか日本人に対する表現もまろやかになっている。

日本としてはサンダースは元よりバイデンに大統領になられては非常に困る。

バイデンはもはや数少なくなった媚中派である。

だが、高橋教授は一応外交ルートを作っておかないと酷い目にあうといっているのだろう。

高橋洋一氏、「トイレットペーパー買い占め」と「ウイルス全員検査」の共通点

高橋洋一氏、「コロナ・ショック」でマイナス金利緊急融資検討を

高橋洋一氏、“コロナ・ショック”の処方箋 「可処分所得」を増やす減税策を

高橋洋一氏、韓国の感染拡大の背景には「対中配慮」と「新興宗教」の事情

高橋洋一氏、新型コロナウイルス検査、全国民を対象にやるべきか?

高橋洋一氏、新型コロナ「検査をもっとやれ」派は、むしろ不安と混乱を煽っている

高橋洋一氏、新型肺炎で東京五輪中止なら…2・6兆円分の経済的打撃に

高橋洋一の霞ヶ関ウォッチ 東京五輪中止時の経済損失は…

高橋洋一氏、世界が消費増税批判する中、IMFが「15%」提唱の背景

高橋洋一氏、新型コロナからの「東京五輪中止ショック」が日本経済の息の根を止める

猫ねこ動画

犬いぬ動画

どうぶつ動画

動画が大量になってきたので3つに分けました。

ようこそ日本へ
外国人の日本訪問動画です。

日々是健康

健康について日々思う事を。

掃除をしろ、さもなくば死だ

絶望的に掃除が苦手な男が掃除を勉強します。

男の料理

一人暮らしの料理の助けに。

大学・高校入試徹底研究

学習のお手伝いに。

お暇なら覗いてみてくださいね


政治ランキング

アクセスランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました