スポンサーリンク
adsense002

中国・習国家主席、新型肺炎乗じ統制強化か 先祖返りで「自己完結的な中国」へ

中国・習国家主席、新型肺炎乗じ統制強化か 先祖返りで「自己完結的な中国」へ

中国の習近平国家主席(党総書記)は、「新中国の成立以来」最悪の新型コロナウイルス流行を乗り切るために何よりも重要な教訓を得たようだ。こうした危機的な事態で機能するのは中央による統制であり、権限のさらなる集中が必要だということだ。

習主席は2月23日、新型ウイルス感染拡大をくい止める共産党幹部との対策会議を開き、この結論を参加者と共有した。当局者17万人が参加し、習主席が語り掛けるという前例のない会議だった。国営メディアによれば、習主席は(防疫措置をめぐる)党中央の判断の「正確さ」を擁護し、新型ウイルスによる感染症の流行が「中国共産党のリーダーシップと中国の特色ある社会主義制度の並外れた優越性を証明する」契機になると主張した。

“更迭”や記者追放

こうした発言の趣旨は、7年余り前の習体制始動から幾度となく繰り返されてきた。だが、新型ウイルス感染拡大阻止への中国の対応は、習主席が何を意図しているかについて、新たな解釈を世界に示した。

過去1カ月間に習政権は数千万人に上る国民の出勤停止や旅行禁止の措置を取り、ハイテクを駆使した監視体制を強化。感染拡大の中心地、湖北省のトップを事実上更迭し、習主席に近い応勇上海市長(当時)を充てた。さらに米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)の論説については中国差別だと非難し、WSJ記者3人の国外退去を命じた。

習主席の動向を追い続けている専門家にとって、こうした一連の動きは公衆衛生の危機に対する一時的な緊急対応ではなく、中国の政治制度を作り替える長期的な取り組みの新たな一歩だと見なしている。今回の危機を脱した後の中国政府は一段と権限集中が進み、より強権的となり、これまで以上に欧米のリベラル派をいらだたせる可能性が高い。

ワシントンのシンクタンク、アメリカ進歩センター(CAP)で中国政策担当のディレクター、メラニー・ハート氏は「中国政府はこれまで難局を乗り切った後、『有事の』危機対応措置のほとんどを緩和し、政局全体を危機発生前の規範に戻すことを認めた。だが習主席は反対方向に動く公算が大きい。今回の危機を利用して、中国社会のあらゆる要素に対する党の支配をさらに強化する可能性がある」と分析する。

2012年終盤に党総書記に就任して以降、習主席は約150万人もの当局者を摘発した反腐敗運動を通じ、公安トップや軍の上級将校など自身の政敵らを追いやった。また国家主席の任期制限を撤廃する憲法改正も実施し、人権派弁護士を大量に逮捕。新疆ウイグル自治区に住むイスラム教徒のウイグル族100万人余りの拘束も統括している。(引用ここまで)

中国・習国家主席、新型肺炎乗じ統制強化か 先祖返りで「自己完結的な中国」へ
中国の習近平国家主席(党総書記)は、「新中国の成立以来」最悪の新型コロナウイルス流行を乗り切るために何よりも重要な教訓を得たようだ。こうした危機的な事態で機能す…

習近平政権の先祖返りは今始まったことではない。

既にここ二、三年の間に毛沢東時代への回帰を何度も口にしている。

スポンサーリンク

自由主義陣営から見るとどこをどう間違ったらそんなことになるのかわからないが、習近平としては昔へ昔へと戻っていくのが良策と思っているようだ。

狂人である。

今回のコロナウィルスの対応でも、相当数の報道陣が警察に捕まっているようだ。

これが習近平の考える社会主義なのだろう。

だがこんなことが世界で通用するわけがない。

中国の中でさえ反共産党を口にする人が増えているようだ。

それはそうだろう。

中国共産党の、あるいは習近平の独裁を守るために、中国人の命があまりにも軽んじられている。

武漢は「捨てられた」。

中国は自分のやっていることの手痛いしっぺ返しを受けることになるだろう。

猫ねこ動画

犬いぬ動画

どうぶつ動画

動画が大量になってきたので3つに分けました。

ようこそ日本へ
外国人の日本訪問動画です。

日々是健康

健康について日々思う事を。

掃除をしろ、さもなくば死だ

絶望的に掃除が苦手な男が掃除を勉強します。

男の料理

一人暮らしの料理の助けに。

大学・高校入試徹底研究

学習のお手伝いに。

お暇なら覗いてみてくださいね


政治ランキング

アクセスランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

中国 政治
スポンサーリンク
kotonoaniをフォローする
名無しの果て

コメント

タイトルとURLをコピーしました