スポンサーリンク
adsense002

新型肺炎で北朝鮮崩壊、3つのシナリオ

新型肺炎で北朝鮮崩壊、3つのシナリオ

ルーマニア型の崩壊か、最悪は第2次朝鮮戦争へ

北朝鮮は米国などによる制裁に加え、1990年代の飢餓以来、穀物生産が最悪の落ち込みを見せており、約1000万人(人口2489万人の約40%)が深刻な食料不足に陥っていると見られる。

金正日が政権継承直後の1995年から98年にかけて約300万人が餓死したが、現在、金正恩朝鮮労働党委員長の下でも、深刻な食糧不足の危機が差し迫っている。

中国で発生した新型肺炎は、それに追い打ちをかけるように北朝鮮に「ダブルパンチ」を見舞う可能性がある。

新型肺炎拡大で中国から北朝鮮向けの物流が途絶し、食糧を含む支援が大幅に低下する事態となり、北朝鮮人民は文字通り「命綱」が絶たれる事態になった。

それに加え、北朝鮮国内で新型肺炎の感染が拡大すれば、食糧不足で免疫力が低下した人民は夥しい犠牲を強いられる恐れがある。

食糧不足による飢餓の深刻化と新肺炎による夥しい人命の犠牲は、金王朝(金正恩)の体制崩壊につながる可能性がある。

本稿では、北朝鮮の体制崩壊事態がいかに生起し、その後どのように展開するのか、具体的に分析をしてみたい。(引用ここまで)

新型肺炎で北朝鮮崩壊、3つのシナリオ ルーマニア型の崩壊か、最悪は第2次朝鮮戦争へ | JBpress(Japan Business Press)
北朝鮮は米国などによる制裁に加え、1990年代の飢餓以来、穀物生産が最悪の落ち込みを見せており、約1000万人(人口2489万人の約40%)が深刻な食料不足に陥っていると見られる。その中で発生した新型肺炎は北朝鮮の体制を崩壊させるのに十分すぎる威力をもつ。

今年開けてからずっと話題になっているのが北朝鮮金正恩の病気の容態である。

一説には死亡説もでるなど、そもそも金正恩が生きているのかどうかが定かではない。

スポンサーリンク

よって北朝鮮の今後の動向は金正恩の体調、生死に大きく関わってくる。

実際に金正恩が亡くなる、もしくは亡くなる程度まで病状が悪化しているなら、北朝鮮は崩壊寸前だろう。

ここに空白ができるとその周りの大国がどうするか。

アメリカも中国もロシアも、皆が納得していたバッファゾーンがこれからはバッファとして働かなくなってしまう。

いずれにせよ北朝鮮だけでなく、中国、韓国ともに急激に環境が変わり、今までの安定していた状況が不安定化する。

日本にとっては拉致被害者だけが心配だ。

今回の新ウィルスの対応も心配だし、そもそも普段の栄養状態がどうなのか。

憲法9条が恨めしい。

猫ねこ動画

犬いぬ動画

どうぶつ動画

動画が大量になってきたので3つに分けました。

ようこそ日本へ
外国人の日本訪問動画です。

日々是健康

健康について日々思う事を。

掃除をしろ、さもなくば死だ

絶望的に掃除が苦手な男が掃除を勉強します。

男の料理

一人暮らしの料理の助けに。

大学・高校入試徹底研究

学習のお手伝いに。

お暇なら覗いてみてくださいね


政治ランキング

アクセスランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

政治
スポンサーリンク
kotonoaniをフォローする
名無しの果て

コメント

タイトルとURLをコピーしました