スポンサーリンク
adsense002

長谷川幸洋氏、安倍政権は習主席「国賓」招待を延期せよ!

【ニュースの核心】安倍政権は習主席「国賓」招待を延期せよ! 世界がシラケる首脳会談に“政治センス”疑われる可能性も

中国発の新型コロナウイルスが猛威を奮っている。そんななか、日本は4月に中国の習近平国家主席を「国賓」として招いていいのか。安倍晋三政権は事態が完全に終息するまで、国賓招待の延期を申し出るべきだ。

私はこれまで、安倍首相が沖縄県・尖閣諸島に対する威嚇行動や、日本人の不法拘束、中国国内の人権弾圧などについて、習氏に「言うべきことを言う」なら、国賓招待でも構わない、と思っていた。

だが、新型コロナウイルスの蔓延(まんえん)で事情は完全に変わった。いまや中国はもちろん、日本も「新たな感染の発生源」とみられている。そんな両国の首脳が正装に身を包み、宮殿で乾杯のグラスを合わせていたら、世界の人々は大きな違和感を覚えるに違いない。

そもそも、両国が国賓訪日に合意したのは、「日中関係が正常軌道に戻った」ことを確認するためだった。私は「日中関係が正常化した」とは思わないが、百歩譲って、そうだとしても、世界中がシラケるようなタイミングで首脳会談を開いても、政治センスを疑われるだけだ。

招待した日本側が延期を申し出たら、非礼に当たるだろうか?

私はそう思わない。中国も分かっているはずだ。習氏自身が新型肺炎との戦いを「人民戦争」と呼んでいるくらいである。そんな非常時に、最高司令官が国を不在にする方がどうかしている。歓迎こそされ、非礼と怒られるいわれはない。

ところが、2月23日付の産経新聞によれば、「自ら『延期』を持ち出したくない中国側のプライドに日本側の思惑も絡み、互いの出方を探る『神経戦』の様相となっている」という。いかにも、官僚らしい。彼らは自分の失点になるのを恐れているのだ。

それなら、こんなときこそ政治家の出番ではないか。茂木敏充外相でも、安倍首相でもいい。「オレが責任をとる」と腹をくくって、中国側との折衝を事務方に指示すべきである。(引用ここまで)

【ニュースの核心】安倍政権は習主席「国賓」招待を延期せよ! 世界がシラケる首脳会談に“政治センス”疑われる可能性も
中国発の新型コロナウイルスが猛威を奮っている。そんななか、日本は4月に中国の習近平国家主席を「国賓」として招いていいのか。安倍晋三政権は事態が完全に終息するまで…

産経新聞は習近平国賓来日延期のスクープを打った。

これが事実ならこの件は安倍首相が二階や外務省チャイナスクールらの連中から主導権を奪ったということなのだろう。

スポンサーリンク

これは武漢ウィルスの対応にしても同じだ。

昨日の首相の緊急会見をとってみても、安倍首相自らが対応に責任を負うという気持ちの表れと見ることができる。

二階・菅コンビは正直言って賞味期限切れだ。

二階は引退に追い込まれるだろう。

習近平来日が延期になったとはいえまだ秋口に来るという噂もあり、予断を許さないところではある。

だがとりあえずこの春の来日は無くなった。

そして何より習近平の政治生命は明日にも消えてしまいそうだ。

確たる証拠は無いが、習近平の来日は儚い夢と消えたのでは無いか。

長谷川幸洋氏、新型コロナ 「異常事態」を招いた厚労省の大失敗

長谷川幸洋氏、新型肺炎、東京五輪「中止」なら…日本経済は悲惨な状況に

長谷川幸洋氏、新型コロナを「人災」にした厚労省の大失態

長谷川幸洋氏、新型肺炎も…国会は何をしているのか?

長谷川幸洋氏、中国企業が洩らした新型肺炎「膨大な死者数」はフェイクか真実か

長谷川幸洋氏、新型肺炎ショックが中共の「致命的弱体化」をさらけ出した

長谷川幸洋氏、新型肺炎が招く中国“共産党体制”の崩壊 

長谷川幸洋氏、新型肺炎は、中国共産党支配の「終わりの始まり」かもしれない

長谷川幸洋氏、左派野党やマスコミの「中東派遣反対論」から見えた本音

長谷川幸洋氏、立憲・国民「合流ご破算」、野党の混乱が終わらないワケ

猫ねこ動画

犬いぬ動画

どうぶつ動画

動画が大量になってきたので3つに分けました。

ようこそ日本へ
外国人の日本訪問動画です。

日々是健康

健康について日々思う事を。

掃除をしろ、さもなくば死だ

絶望的に掃除が苦手な男が掃除を勉強します。

男の料理

一人暮らしの料理の助けに。

大学・高校入試徹底研究

学習のお手伝いに。

お暇なら覗いてみてくださいね


政治ランキング

アクセスランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました