スポンサーリンク
adsense002

感染阻止より政権維持を優先、断罪されるべき習近平

感染阻止より政権維持を優先、断罪されるべき習近平

情報隠蔽で新型コロナウイルスを世界に拡散

(藤谷 昌敏:日本戦略研究フォーラム政策提言委員、元公安調査庁金沢公安調査事務所長)

中国政府の発表によれば、新型肺炎の最初の患者は2019年12月8日に38度以上の発熱を訴えて病院にかかり、肺炎の症状が明らかになって、「ウイルス性肺炎」と診断されたとされる。その日から同様の発熱と症状を見せる患者が続々と27人も出現し、それらは武漢市内にある海鮮市場の関係者もしくは接触者であったことが分かっている。

その時点で「感染は海鮮市場内で起こった」と認識されたにもかかわらず、この海鮮市場が正式に閉鎖されたのはずっと後の12月31日午前のことであった。その日の午後、武漢市衛生健康委員会は、一連のウイルス性肺炎の大量発生について初めて公開通知を発表したのである。武漢市の海鮮市場では、SARSの感染源とされたコウモリやハクビシンなどが食用で取引されており、非衛生的との指摘もあって以前から問題のあった市場であった。

そして1月11日に至って、武漢市当局は新型コロナウイルスが検出されたことを発表したが、その後も「ヒトからヒトへの感染はない」と繰り返し、武漢市内の病院で治療に当たる医者たちには緘口令を敷いたという。

また、武漢市当局は当初、「1月3日以降は新たな発症者が出ていない」と説明し、21日には湖北省政府が著名人を招いて春節の祝賀会を開くなど、事態は一見解決したかのようだった。

しかし、その後の中国メディアによれば、市内の病院は患者が殺到して完全にパンク状態に陥り、発熱や疑似症状を訴える人や不安を訴える人たちすべてを診察することができていない状態だとされる。診察を受けられた患者もその多くが単純に「ウイルス性肺炎」と診断されて自宅待機を余儀なくされており、死亡したとしても新型肺炎による死亡者とは認定されていない。そのため、感染者数、死亡者数は、中国政府の発表よりも数倍から数十倍の規模となっている可能性がある。(引用ここまで)

感染阻止より政権維持を優先、断罪されるべき習近平 情報隠蔽で新型コロナウイルスを世界に拡散 | JBpress(Japan Business Press)
中国政府はSARSが流行した2002年~2003年当時と比べても、その隠蔽体質に大きな変化はなく、かえって習近平政権による監視社会・管理社会化が強力に推し進められている。

習近平体制は崩れるんだろう。

これはもう確定的に思えてきた。

スポンサーリンク

今になっても習近平は来日の意向を見せているらしいが、もう無駄だ。

中国国内でも日本国内でも、歓迎するムードなど起こせるはずがない。

かつての天安門事件では日本政府は中国政府の手助けをしてしまった。

あの時の中国はまだまだ貧しく、あのまま日本が手を貸すようなことがなければ、共産党は倒れていたかもしれない。

今回は当時のようには行かない。

すでにウィルスは全世界に広まりつつある。

もちろん隣人である日本もアウトブレイク寸前だ。

その中国のトップが四月に日本に来るなどとは、当たり前のことだがあり得ない。

中国ではネットデモと呼ばれるものが行われているそうだ。

外出を禁じられている中国市民が共産党体制に対してデモを起こす。

日本としては中国国内の政治体制については関わらない方が良い。

どうやら中国は中国伝統の崩壊パターンに入ったようだからである。

猫ねこ動画

犬いぬ動画

どうぶつ動画

動画が大量になってきたので3つに分けました。

ようこそ日本へ
外国人の日本訪問動画です。

日々是健康

健康について日々思う事を。

掃除をしろ、さもなくば死だ

絶望的に掃除が苦手な男が掃除を勉強します。

男の料理

一人暮らしの料理の助けに。

大学・高校入試徹底研究

学習のお手伝いに。

お暇なら覗いてみてくださいね


政治ランキング

アクセスランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

中国 政治
スポンサーリンク
kotonoaniをフォローする
名無しの果て

コメント

タイトルとURLをコピーしました