スポンサーリンク
adsense002

駐韓米大使の口ひげを糾弾する韓国の絶望的な幼稚さ

駐韓米大使の口ひげを糾弾する韓国の絶望的な幼稚さ

許せない理由は「日本の朝鮮総督を思い起こさせる」から

(古森 義久:産経新聞ワシントン駐在客員特派員、麗澤大学特別教授)

韓国におけるハリー・ハリス駐韓米国大使叩きがさらにエスカレートしている。トランプ政権は公式に「ハリス氏は全世界でも最も偉大な米国大使の1人だ」と言明し、韓国側の自制を求めた。

一方、韓国内では「ハリス大使の口ひげが日本の朝鮮総督を想起させる。けしからん」という幼稚な糾弾まで広まった。ハリス大使叩きが結局は愚かな人種差別に他ならないことを示す格好の例証だといえよう。

米国メディアが異様な大使叩きを報道

米軍のアジア太平洋軍司令官だった海軍大将のハリー・ハリス氏が韓国駐在大使に就任すると、同氏の母親が日本人だったことも含めて韓国側から敵意あふれる非難が浴びせられた(参考:本コラム「駐韓米国大使を激しく嫌う韓国、『日系』もやり玉に」https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/58630)。

韓国でのハリス大使への攻撃は日を追うごとにエスカレートし、現在は同大使の「日本人の血」のみならず「口ひげ」までもが激しく叩かれている。

この動きを米国の大手メディアもこぞって報道している。ニューヨーク・タイムズ(1月16日付)は「アメリカ人の口ひげが韓国で騒ぎを起こす」という見出しの記事を掲載した。ワシントン・ポスト(1月18日付)は、「韓国民が怒りの対象を見いだす 米国大使の口ひげ」という見出しで報じた。またワシントン・タイムズも、1月20日付の「米国大使は自分の口ひげだけが問題だと述べるが、韓国民は違う主張を」という見出しの記事で、韓国内で同大使が攻撃されている状況を詳しく報道した。(引用ここまで)

駐韓米大使の口ひげを糾弾する韓国の絶望的な幼稚さ 許せない理由は「日本の朝鮮総督を思い起こさせる」から | JBpress(Japan Business Press)
ハリス大使の口ひげを日本の朝鮮総督やかつての朝鮮半島統治と結びつける韓国側の非難はまったく説得力を欠くといってよい。

遅かれ早かれこうなることは解っていた。

ハリス大使がどれほど高潔で偉大な大使であっても、そこは所詮韓国なのだ。

スポンサーリンク

過去の歴史で日本に遺恨を抱く韓国では、日本人の血を引くハリス大使がこういうやり玉に挙げられるのは当然と言えば当然。

むしろなぜ韓国大使にハリス氏を選んだのか不思議でならない。

もちろん前任のリッパート大使の襲撃事件があったので、軍人上がりのハリス氏を選んだことは理解出来る。

それでもこの人事はアメリカ側の米韓同盟破棄への一手とみるほかないように思われる。

この件、どこまで行くのだろうか。

韓国側にも落ち着いて考えるべきというような論もあるようだが、韓国の中ではそんな意見は無視されるだろう。

北朝鮮と韓国はまとめてアメリカに逆らう気なのだろうか。

猫ねこ動画

犬いぬ動画

どうぶつ動画

動画が大量になってきたので3つに分けました。

ようこそ日本へ
外国人の日本訪問動画です。

日々是健康

健康について日々思う事を。

掃除をしろ、さもなくば死だ

絶望的に掃除が苦手な男が掃除を勉強します。

男の料理

一人暮らしの料理の助けに。

大学・高校入試徹底研究

学習のお手伝いに。

お暇なら覗いてみてくださいね


政治ランキング

アクセスランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました