スポンサーリンク
adsense002

高橋洋一氏、ゴーン被告の引き渡し要求は「国際組織犯罪防止条約」を使え!

【日本の解き方】ゴーン被告の引き渡し要求は「国際組織犯罪防止条約」を使え! 容疑はマネーロンダリングに該当も

日産自動車前会長、カルロス・ゴーン被告が保釈中にレバノンに逃亡したが、日本が取りうる方策はあるのか。

昨年末のゴーン被告の国外への逃亡劇はすごかった。大型の音響機器用の箱に身を隠して出国したと報じられた。逃亡ルートは、関西国際空港からプライベートジェット機でトルコを経由してレバノン入り。トルコでは、逃亡を手助けしたとして逮捕者も出た。

これだけの逃亡は、1人の力では到底無理だが、ゴーン被告は財力にものをいわせ、元米陸軍特殊部隊(グリーンベレー)の逃亡スペシャリストも雇った。レバノン政府も関与していたという話もあるが、もちろん同国政府は否定している。

ゴーン被告の逃亡について、左派論者は、日本の司法制度の後進性を指摘して一定の理解を示している。

日本はレバノンとの間に犯罪人引き渡し条約を結んでいないが、結んでいるのは米国と韓国の2カ国しかない。世界では、英国が110カ国程度、フランスが100カ国程度、米国が70カ国程度、中国が50カ国程度、韓国が30カ国程度なのと比べて日本はあまりに少ない。

左派は、その理由を日本が死刑制度を存続させているからだという。しかし、米国や中国にも死刑制度があるのに、犯罪人引き渡し条約締結国はそれなりに多い。やはり、日本は島国で、逃亡犯が来ないし、出て行かないという過信があったのだろう。

ゴーン被告が日本の司法制度の後進性を主張しながら、レバノンに逃亡したのは卑怯(ひきょう)であり、日本の司法はなめられたものだ。(引用ここまで)

【日本の解き方】ゴーン被告の引き渡し要求は「国際組織犯罪防止条約」を使え! 容疑はマネーロンダリングに該当も
日産自動車前会長、カルロス・ゴーン被告が保釈中にレバノンに逃亡したが、日本が取りうる方策はあるのか。昨年末のゴーン被告の国外への逃亡劇はすごかった。大型の音響機…

どうもゴーンはアメリカに目を付けられているらしい。

大規模なマネーロンダリングが原因のようだ。

スポンサーリンク

だとするとゴーンの身柄をどうするかについては色々な捉え方が出来ると思う。

アメリカが出てくるとするならアメリカに任せた方が良いかも知れない。

ゴーンは家系からして犯罪者の家系のようだ。

何となく胡散臭かったが、さもあらんという印象だ。

全世界的にタックスヘイブンやマネーロンダリングに関して法律が厳しくなっているのを感じる。

流れとしては正常なのだろう。

ゴーンに限らず自分で管理しきれないほどの金を持つと金に振り回される人生になるようだ。

猫ねこ動画

犬いぬ動画

どうぶつ動画

動画が大量になってきたので3つに分けました。

ようこそ日本へ
外国人の日本訪問動画です。

日々是健康

健康について日々思う事を。

掃除をしろ、さもなくば死だ

絶望的に掃除が苦手な男が掃除を勉強します。

男の料理

一人暮らしの料理の助けに。

大学・高校入試徹底研究

学習のお手伝いに。

お暇なら覗いてみてくださいね


政治ランキング

アクセスランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

政治
スポンサーリンク
kotonoaniをフォローする
名無しの果て

コメント

タイトルとURLをコピーしました