スポンサーリンク
adsense002

長谷川幸洋氏、金正恩が「ソレイマニ殺害」を見て考えていること

強気だった北朝鮮・金正恩が「ソレイマニ殺害」を見て考えていること

大見得を切ったのに…

攻撃は「トランプの気まぐれ」なのか

米国とイランの衝突の内幕が、次第に明らかになってきた。最大のポイントは、イランのソレイマニ司令官に対する米国の攻撃は、もっと大掛かりな攻撃の一部にすぎなかった、という点である。それから、北朝鮮への影響だ。

まず、司令官攻撃はトランプ大統領の独断だったのか。

米紙ニューヨーク・タイムズは1月4日、イラン革命防衛隊の精鋭「コッズ部隊」のソレイマニ司令官を殺害した1月3日の攻撃は、大統領に提示された攻撃オプションの中で「もっとも極端な選択肢だった」と報じた。(https://www.nytimes.com/2020/01/04/us/politics/trump-suleimani.html)。そのうえで「国防総省の高官たちは、その選択に驚愕した」と書いた。

しかも、大統領は12月28日の時点で、司令官攻撃をいったん断念していながら「バグダッドの米大使館が襲撃された様子をテレビで見て、攻撃にゴーサインを出した」という。ここから、大統領は「司令官を殺害したら、その後はどうなるか」十分な検討もないまま、衝動的に攻撃を決断したような印象が広がった。

そんな側面はたしかに、あっただろう。だからといって「攻撃は大統領の独断だった」とは言えない。

なぜなら、たとえば、超強硬派で知られたボルトン前大統領補佐官(国家安全保障問題担当)は攻撃成功後、ツイッターで「ソレイマニ除去に関わった、すべての人におめでとう。長くかかったが、これは世界中で展開されていたコッズ部隊の活動に決定的な打撃になった」という祝福のメッセージを送っている。

これは、ボルトン氏を含めて強硬派の間では、ソレイマニ氏が長い間、米国の標的になっていた事情を物語っている。大統領が突然、司令官を狙ったわけではない。

ニューヨーク・タイムズはトランプ政権に批判的な立場なので、攻撃に驚愕した高官の様子を強調しているが、実は「黒幕の司令官を狙うべきだ」と考えていた当局者もいたはずだ。強硬派のペンス副大統領やポンペオ国務長官は、そうだったかもしれない。(引用ここまで)

強気だった北朝鮮・金正恩が「ソレイマニ殺害」を見て考えていること(長谷川 幸洋) @gendai_biz
トランプ大統領による、イラン革命防衛隊の精鋭「コッズ部隊」のソレイマニ司令官を殺害した2020年1月3日の攻撃は、もっと大掛かりな攻撃の一部にすぎなかった。この事件は北朝鮮へも大きな影響を与えている。北朝鮮の金正恩・朝鮮労働党委員長はいま「どこまでやったら、トランプ氏を本気で怒らせるか」を真剣に考えているに違いない。

シャハライ氏の暗殺計画は知らなかった。

これはもし成功していればかなりのインパクトだったであろう。

スポンサーリンク

アメリカがかなり本気だったことが解る。

トランプの大統領選挙もあるが、これはイランに対するアメリカの計画的攻撃を示す具体的な事例だ。

この先イランは国内の治安が非常に混乱しており、内からも外からも攻撃を受けることになる。

中東は安定を取り戻してもイランは混乱期を迎えるのではないか。

北朝鮮は日本からみてももうボロボロである。

金正恩の影武者も判明しているし、妹に権力を委譲したとも言われている。

こうなると離反者は続々出る。

金王朝の寿命を考えるときにきたのだろう。

猫ねこ動画

犬いぬ動画

どうぶつ動画

動画が大量になってきたので3つに分けました。

ようこそ日本へ
外国人の日本訪問動画です。

日々是健康

健康について日々思う事を。

掃除をしろ、さもなくば死だ

絶望的に掃除が苦手な男が掃除を勉強します。

男の料理

一人暮らしの料理の助けに。

大学・高校入試徹底研究

学習のお手伝いに。

お暇なら覗いてみてくださいね


政治ランキング

アクセスランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

コメント

  1. 金 国鎮 より:

    トランプが今までの大統領と違うと感じる時がある。
    最初は拉致被害者と直接会って励ました。
    次は脱北者をホワイトハウスと議会に招待した。
    北に抑留されている韓国系アメリカ人を釈放させた。

    後半の人々についてまともなコメントしている政治の
    ブログはいまだにない。

    トランプは政治のブログでは理解できない。
    彼はアメリカ人だ。
    アメリカの大統領を時たま忘れて行動する。

    トランプの耳にはいずれ在日朝鮮人の北送の話も入るだろう。
    北に存在する多くの政治犯収容所もね。
    朝鮮半島には北の金正恩でもなく南のムンジェインでもない
    政治権力が登場するだろう。
    在韓米軍は間もなく韓国から引く。
    日本人・韓国人の感覚はトランプから見れば人種・民族について
    不寛容な感覚に見えているようだ。

タイトルとURLをコピーしました