スポンサーリンク
adsense002

韓国経済いよいよ崖っぷち、国民はついに「我慢の限界」を迎えた

韓国経済いよいよ崖っぷち、国民はついに「我慢の限界」を迎えた

格差拡大に若者は憤る

韓国では、GDP(国内総生産)成長率の低下に伴い、国民の間で政府に経済対策を求める声が高まっているという。

特に、失業率が高く厳しい雇用情勢に直面している若年層の中では、文在寅(ムン・ジェイン)大統領に対し、すぐに効果が実現できない“南北統一”よりも、より身近な問題である経済対策を優先するよう求める人が増えつつあるようだ。

最近実施された一部の世論調査からもその傾向は確認できる。

それにも拘らず、文大統領は、これまでの経済軽視・南北統一優先の政策運営姿勢を改めようとする兆しが感じられない。

徐々に、若年層中心に我慢の限界に近付いているとみられる。

また、目先の景気下支えを目指して韓国銀行(中央銀行)が進めてきた利下げも限界を迎えつつある。

文政権が国内の雇用情勢などを改善できないようだと、韓国経済の実力は低下するとともに、世代間・地域間の経済格差の問題はこれまでにまして深刻化する恐れがある。

さらに厳しい状況を迎えつつある韓国経済

11月29日、韓国銀行は金融通貨委員会を開催した。

声明文などを見ると、韓国銀行は先行きの経済環境に関して、これまで以上に警戒感を強めていることが確認できる。(引用ここまで)

韓国経済いよいよ崖っぷち、国民はついに「我慢の限界」を迎えた(真壁 昭夫) @moneygendai
韓国では、GDP(国内総生産)成長率の低下に伴い、国民の間で政府に経済対策を求める声が高まっているという。特に、失業率が高く厳しい雇用情勢に直面している若年層の中では、文在寅(ムン・ジェイン)大統領に対し、すぐに効果が実現できない“南北統一”よりも、より身近な問題である経済対策を優先するよう求める人が増えつつあるようだ...

南北統一はますます遠のいた。

まあ当たり前である。

スポンサーリンク

経済的に発展している韓国が北朝鮮を支える形でまずは統一の足がかりにしようともくろんでいたのだろうが、まず韓国そのものが経済的発展など望めない情勢だ。

そもそも外需依存型の韓国は周辺諸国の影響をモロに受ける。

今回でいえば中国経済の停滞である。

今まで中国との貿易に必死だった韓国には、中国側の出方に頼らざるを得ないのだ。

そもそも韓国は既に売るものが無い。

スマートフォンも液晶パネルも半導体も、今や全てが中国製に価格面で劣っている。

喜んで韓国製品を買い求める馬鹿はいない。

韓国自慢のサムスンはファーウェイなどに話題をかっさらわれ、価格面でも苦しんでいる。

この先韓国が何か売れるものを見つけられるか。

無理だ。

ちょっと貿易が赤字になるといったレベルではない。

下請け工場さえ国外に移転し、韓国に残るものなどないのが現状なのだ。

ジャパン・ボイコットで韓国は日本に頼らなければ何もできないことがわかっただろう。

その日本がさよならを告げているのだ。

韓国経済が取り返しのつかないことになっても驚くようなことではないのだ。

猫ねこ動画

犬いぬ動画

どうぶつ動画

動画が大量になってきたので3つに分けました。

ようこそ日本へ
外国人の日本訪問動画です。

日々是健康

健康について日々思う事を。

男の料理

一人暮らしの料理の助けに。

大学・高校入試徹底研究

学習のお手伝いに。

お暇なら覗いてみてくださいね


政治ランキング

アクセスランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

政治 韓国
スポンサーリンク
kotonoaniをフォローする
名無しの果て

コメント

タイトルとURLをコピーしました