スポンサーリンク
adsense002

中国も韓国も北朝鮮も、いよいよ東アジア経済が「自滅」しそうなワケ

中国も韓国も北朝鮮も、いよいよ東アジア経済が「自滅」しそうなワケ

……ただし日本を除く

大原 浩

中国が崩壊する理由

共産主義中国の抱える数々の問題点は、10月16日「現代版『ベルリンの壁』…香港の騒乱は『中国崩壊』の序曲か」、10月21日「経済成長率6%を割った共産主義中国は生き残れるのか?」)など多数の記事で述べてきた。

その中でも現在最も懸念されるのが「経済成長率の鈍化」と「香港騒乱」である。

公式統計では、長年、共産党一党独裁に必要とされてきた6%を何とか維持しているが、いずれこの値を割り込むであろうことは明白である。

それどころか、統計数字の信憑性が疑問視されている大本営発表ならぬ「共産党発表」ではなく、実態の数字としてはすでにマイナス成長になっているのではないかと考えられる。

強権的な共産党一党独裁が毛沢東時代に大失敗し、北朝鮮よりも貧しく政治的にも大混乱した時代が続いた。その国家崩壊の危機に彗星のごとく登場したのが鄧小平である。

彼の功績は1月9日の記事「客家・鄧小平の遺産を失った中国共産党の『哀しき運命』を読む」を参照いただきたいが、「黒い猫でも白い猫でも、ねずみを捕まえるのがいい猫だ」と宣言し、当時の共産主義思想では全く異例とも言える「資本主義市場経済の導入」を目指した改革・開放が今日GDP世界第2位の大国を誕生されるのに多大な貢献をしたことは疑いがない。

しかし、当初からこの「改革・開放」は自己矛盾を抱えていた。「人民が自由に市場経済で活躍して国が発展するのであれば、共産党一党独裁など無用の長物である」という結果を招くからだ。(引用ここまで)

中国も韓国も北朝鮮も、いよいよ東アジア経済が「自滅」しそうなワケ(大原 浩) @moneygendai
中国の公式統計では、長年、共産党一党独裁に必要とされてきた6%を何とか維持しているが、いずれこの値を割り込むであろうことは明白である。このほか東アジアには年末を控えてミサイルを連発する北朝鮮、ブーメランで自滅へ向かう韓国という2つのリスクが存在する。東アジアは大混乱に落ちる可能性が高いが、日本は英米+TPP11(日本が...

先日ZAKZAKに載せた記事を詳しくしたもの。

中国が年末に自滅するとは考えづらいが、朝鮮半島はどちらも破綻する可能性が高いだろう。

スポンサーリンク

まあ馬鹿しかいないからなあ。

北朝鮮は自分で決めたデッドラインまでにどうしようもなくなって自暴自棄になっている可能性もある。

ここへきて金正恩の大粛正と、それに対する金正恩暗殺計画などが日本のメディアでも取り上げられているが、呆れてものも言えない。

韓国はいうまでもない。

週末デモを繰り返しているが、そんな事をする合間にも経済的にはどんどん落ちこぼれていく。

中国と違って韓国は小国である。

破綻したとなったら一気に中国の下につく属国になるのではないか。

特亜三馬鹿とは良く言ったものである。

一気にとはいかないだろうが、年末年始で多少は綺麗になって欲しいものだ。

猫ねこ動画

犬いぬ動画

どうぶつ動画

動画が大量になってきたので3つに分けました。

ようこそ日本へ
外国人の日本訪問動画です。

日々是健康

健康について日々思う事を。

男の料理

一人暮らしの料理の助けに。

大学・高校入試徹底研究

学習のお手伝いに。

お暇なら覗いてみてくださいね


政治ランキング

アクセスランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました