スポンサーリンク
adsense002

高橋洋一氏、日米貿易協定で、財務省がまさかの「大失態」を犯しそうなワケ

日米貿易協定で、財務省がまさかの「大失態」を犯しそうなワケ

経済の疎さ目にあまる状況

日米貿易協定のウラで財務省が動き出した

10月15日、政府は日米貿易協定の承認案を閣議決定し、国会に提出した。

関税引き下げによって国内の農畜産に影響が出ると懸念する向きも多い協定である。

これにともなう政府の国内農業対策について、財務省は「競争力強化につながるものに限定する」と提言することがわかった。

つまり、農業団体や与党に必要以上のカネが出て、歳出が拡大するのを牽制しようというわけだ。

農業市場開放への対策支援では、基本的には’17年11月に改定したTPP(環太平洋パートナーシップ協定)などの国内対策を定めた政策大綱を見直す。

考えてみれば、TPPの議論以降、日米貿易交渉のテーブルでは存在感が薄いようにも見えた財務省。国会も始まった今秋はどのような動きを見せてくるのか。

自由貿易はおよそ200年間にわたって経済学的に支持されてきた考えだ。

いろいろと意見が相違しがちな経済学者だが、自由貿易のメリット・デメリットでは意見がほぼ一致する。ある市場を開放し、国内生産が減少して生産者が打撃を受けても、輸入増による消費者のメリットが生産者のデメリットを上回るのであれば、一国全体のメリットとデメリットの差し引きがプラスになるというロジックだ。(引用ここまで)

日米貿易協定で、財務省がまさかの「大失態」を犯しそうなワケ(ドクター Z) @moneygendai
10月15日、政府は日米貿易協定の承認案を閣議決定し、国会に提出した。関税引き下げによって国内の農畜産に影響が出ると懸念する向きも多い協定である。これにともなう政府の国内農業対策について、財務省は「競争力強化につながるものに限定する」と提言することがわかった。つまり、農業団体や与党に必要以上のカネが出て、歳出が拡大する...

暗黒卿。

古巣の財務省の事だから余計に辛辣である。

スポンサーリンク

ただ農業に関しては難しかろう。

何せ一大票田である。

政府与党にとっては離したくないところだ。

当然話はついているはずである。

実際農業はそんなに甘いものではない。

高橋教授が思っているのは農業の改革開放であろう。

しかし一方では減り続ける自給率という問題も見ないわけにはいかない。

この二つはどちらにも良い点と悪い点があり、どちらも軽々に否定出来ない。

この問題に関しては少し長い目で見ておく必要があるだろう。

猫ねこ動画

犬いぬ動画

どうぶつ動画

動画が大量になってきたので3つに分けました。

ようこそ日本へ
外国人の日本訪問動画です。

日々是健康

健康について日々思う事を。

掃除をしろ、さもなくば死だ

絶望的に掃除が苦手な男が掃除を勉強します。

男の料理

一人暮らしの料理の助けに。

大学・高校入試徹底研究

学習のお手伝いに。

お暇なら覗いてみてくださいね


政治ランキング

アクセスランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました