スポンサーリンク
adsense002

長谷川幸洋氏、文在寅、安倍首相に突如として「すり寄り」日本はどう対応すべきか

文在寅、安倍首相に突如として「すり寄り」日本はどう対応すべきか

慌てる韓国に合わせる必要はない

事前調整なしの接触

韓国の文在寅(ムン・ジェイン)政権が日本にすり寄ってきた。国内で強まる政権包囲網に加えて、米国が軍事情報包括保護協定(GSOMIA)破棄方針を見直すよう、本気で圧力を加えてきたからだ。日本は「静観」が最良の対応である。

文大統領は10月4日、バンコクで開かれた東南アジア諸国連合(ASEAN)首脳会議の控室で安倍晋三首相に接触し、ソファに着座したうえ、約10分間にわたって言葉を交わした。これは事前の調整なしに、文氏がその場でもちかけた接触だった。

話をしたかったのは文氏の側であって、安倍氏の方ではない。もっと言えば、文氏はなんとか対話のきっかけをつかんで、日韓関係を改善したかったのだ。それは、すぐ後に述べる事情であきらかである。

この場で安倍首相は、いわゆる徴用工問題について「1965年の日韓請求権・経済協力協定で解決済みだ」と従来の主張を述べた。これに対して、文氏は外交当局の協議とは別に「より高位レベルの協議を検討したい」と提案した、という。

文氏は翌5日、接触について「対話の始まりとなる意味ある出会いだった」と自分のフェイスブックに書き込んだ。文氏は、3日に大阪市で開かれた日韓交流イベントに「互いを理解し、配慮しようとする両国国民の姿勢が日韓関係を支える」などという内容の祝辞も寄せていた。(引用ここまで)

文在寅、安倍首相に突如として「すり寄り」日本はどう対応すべきか(長谷川 幸洋) @gendai_biz
「現代ビジネス」は、第一線で活躍するビジネスパーソン、マネジメント層に向けて、プロフェッショナルの分析に基づいた記事を届ける新創刊メディアです。政治、経済からライフスタイルまで、ネットの特性を最大限にいかした新しい時代のジャーナリズムの可能性を追及します。

非韓三原則が韓国にも伝わったそうである。

非常に良い話だ。

スポンサーリンク

韓国人には日本人がこれまでとは違うという事を知らしめねばなるまい。

あのクソみたいなKPopなんぞに金を注ぎ込んでくれたのも良い方向に働いた。

韓国がどれぐらい愚かな国か、我々が指し示すまでもなく日本人は知る事となった。

今の中学生や高校生も知る事になるだろう。

今の韓国の慌てぶりを見ると良い。

反日反米親中で出てきた文在寅が、どうにも行かなくなって日本に助けを求めている。

誰が助けてやるものか。

文在寅に限った事ではないが、どうせ反日で不買運動したりする国民性なのだ。

そうでなくとも朝鮮半島の端っこの国に過ぎない。

もうじき国民の数も圧倒的なスピードで減っていく。

そのままそこで滅びていて欲しい。

猫ねこ動画

犬いぬ動画

どうぶつ動画

動画が大量になってきたので3つに分けました。

ようこそ日本へ
外国人の日本訪問動画です。

日々是健康

健康について日々思う事を。

掃除をしろ、さもなくば死だ

絶望的に掃除が苦手な男が掃除を勉強します。

男の料理

一人暮らしの料理の助けに。

大学・高校入試徹底研究

学習のお手伝いに。

お暇なら覗いてみてくださいね


政治ランキング

アクセスランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました