スポンサーリンク
adsense002

長谷川幸洋氏、米中経済戦争、中国が「絶対勝てない」理由

米中経済戦争、再び…合理性に欠ける中国が「絶対勝てない」理由

カッとなって大局を見失う

「完全な合意」には程遠い

米国と中国は、通商問題で正式に部分合意できるだろうか。どうも雲行きが怪しい。米国のトランプ大統領はここへきて、米中対立の戦線を拡大している。米国時間の10月24日に予定されるペンス副大統領の演説が、先行きを占うヒントになるはずだ。

米国は10月12日、中国との通商協議で「部分合意に達した」と発表した。中国が米国の農産品を2年間で400〜500億ドル購入する一方、米国は10月15日に制裁関税の税率を25%から30%に引き上げる予定だったが、これを見送るという内容だった。

ただし、これは口頭での発表にとどまっている。正式な合意文書は「作成に3〜5週間かかる」として、両国首脳による署名は11月16、17日にチリで開かれるアジア太平洋経済協力会議(APEC)の際に開かれる米中首脳会談に持ち越された。

ところが、10月21日になって、ロス商務長官が米メディアで「適切な合意である必要があり、米中合意を11月に達成する必要はない。署名する内容が正しいことが重要で、大統領が望むところ」と語った(https://jp.reuters.com/article/usa-trade-china-ross-idJPKBN1X01PF)。これは何を意味するのか。

大詰めを迎えている交渉で「中国をけん制した」という見方は当然、あるだろう。「悪魔は細部に宿る」と言われるように、合意事項を文書に落としこむ段階で作業が難航し、中国側に妥協を促した。「我々は11月署名にこだわっていない」と見せつけたのだ。(引用ここまで)

米中経済戦争、再び…合理性に欠ける中国が「絶対勝てない」理由(長谷川 幸洋) @gendai_biz
米国と中国は、通商問題で正式に部分合意できるだろうか。どうも雲行きが怪しい。米国のトランプ大統領はここへきて、米中対立の戦線を拡大している。米国時間の10月24日に予定されるペンス副大統領の演説が、先行きを占うヒントになるはずだ。

ペンスが再び演説を行った。

さすがに初回ほどのインパクトは無かったようだ。

スポンサーリンク

アメリカは敵を中国共産党に定めており、中国そのものとは対決するつもりはないというのがアメリカ政府のこれまでの考え方だ。

まあそれはその通りなのだろう。

だが我々日本人から見ると中国人ははっきり我々とは違う。

共産党だろうとなんだろうとあの暴力性は抑えられないのではないか。

米中の経済戦争はアメリカが勝つだろう。

結果として冷戦のままなのか、それとも当然の道としてホット・ウォーを通過する事になるのかはともかくとして。

だが中国の十数億の人々は共産党だろうと民主主義国家だろうと変わらないのではないか。

香港が今大陸出身者の中国人にこっぴどくやられている。

中国が変われるのかどうなのか、香港はある種の目安となるのかもしれない。

猫ねこ動画

犬いぬ動画

どうぶつ動画

動画が大量になってきたので3つに分けました。

ようこそ日本へ
外国人の日本訪問動画です。

日々是健康

健康について日々思う事を。

男の料理

一人暮らしの料理の助けに。

大学・高校入試徹底研究

学習のお手伝いに。

お暇なら覗いてみてくださいね


政治ランキング

アクセスランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました