スポンサーリンク
adsense002

長谷川幸洋氏、文在寅の凋落とチョ・グク法相辞任の裏にある「左翼崩壊のセオリー」

文在寅の凋落とチョ・グク法相辞任の裏にある「左翼崩壊のセオリー」

学生運動に関わった筆者の実体験から

逃亡と裏切り、内ゲバが始まる

韓国のチョ・グク法相が辞任した。文在寅(ムン・ジェイン)大統領には、もちろん痛手だ。左翼運動が終わるサインは「逃亡」と「裏切り」、それに「内ゲバ」と相場が決まっている。法相辞任は、文政権の「終わりの始まり」とみて間違いない。

チョ氏は会見で「これ以上、私の家族のことで大統領と政府に負担をかけてはいけない、と判断した」と語った。娘の不正入学や不正蓄財問題などで批判される中、検察改革の私案をまとめたのを機に、ここが潮時と見定めたようだ。

政権の潮目が変わったのは、10月3日に開かれた「反・文在寅」集会だった。主催者発表の300万人動員はさすがに大風呂敷としても、写真や動画で見る限り、会場の1つである光化門広場は、参加者の人並みで埋め尽くされていた。大変な数である。

このまま法相に居座れば、集会とデモが収まらないだけでなく、最悪の場合、警察や軍の離反が起きる可能性もゼロとは言えない状態だった。韓国はクーデターで政権が倒れた例が1961年と1979年の2回ある。チョ氏はそうなる前に、自ら戦線離脱を選んだ形だ。(引用ここまで)

文在寅の凋落とチョ・グク法相辞任の裏にある「左翼崩壊のセオリー」(長谷川 幸洋) @gendai_biz
韓国のチョ・グク法相が辞任した。文在寅(ムン・ジェイン)大統領には、もちろん痛手だ。左翼運動が終わるサインは「逃亡」と「裏切り」、それに「内ゲバ」と相場が決まっている。法相辞任は、文政権の「終わりの始まり」とみて間違いない。

左翼の行く末は同じだ。

その点で長谷川氏は面白いことを言っている。

スポンサーリンク

自身の左翼運動の結末についてだ。

今からみてみるとなぜあの時期本来なら有能だった若者が、総括の名の下にリンチ殺人を繰り返したり、内ゲバで無関係な一般人を殺害にいたるなど、亡霊に取り憑かれたように殺し合っていたのがまるでわからない。

だがそれが60年代だったのだろう。

政治ごっこだったのだ。

幼い若者がルールを作ろうとしてお互いを敵として殺し合う。

その運動の中に長谷川氏もいた。

その彼が韓国の文在寅政権を「終わりの始まり」という。

彼は意識していないだろうが、所詮韓国の政治など1960年代に日本が通過した左翼の馬鹿騒ぎ以下だと彼は言っているのだ。

このまま文在寅政権が倒れたら文在寅は死刑を求刑されるだろう。

韓国らしい結末だ。

猫ねこ動画

犬いぬ動画

どうぶつ動画

動画が大量になってきたので3つに分けました。

ようこそ日本へ
外国人の日本訪問動画です。

日々是健康

健康について日々思う事を。

男の料理

一人暮らしの料理の助けに。

大学・高校入試徹底研究

学習のお手伝いに。

お暇なら覗いてみてくださいね


政治ランキング

アクセスランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました