adsense002

藤井厳喜氏、民主・香港は生き残れるのか

【東アジアの動乱と日本の針路】「一国二制度」の約束を破る習近平氏… 民主・香港は生き残れるのか

「香港問題」の根源は、英国が1997年に、香港をチャイナ(中国)に返還したことだ。

実は、英国は九龍半島の先端と香港島からなる本来の香港を中国に返還する必要はなかった。そこは純然たる「英国の領土」であり、99年の租借をしていたのは「新租界」と呼ばれるエリアだけだった。

英国がこの時、中国に約束させたのが50年に及ぶ「一国二制度」の維持である。この取引には裏がある。英国は英国系金融資本が香港で自由に活動できる保証が欲しかったのである。自由港でタックスヘイブン(租税回避地)である香港は、英国にとっても重要なドル箱であった。(引用ここまで)

【東アジアの動乱と日本の針路】「一国二制度」の約束を破る習近平氏… 民主・香港は生き残れるのか
「香港問題」の根源は、英国が1997年に、香港をチャイナ(中国)に返還したことだ。実は、英国は九龍半島の先端と香港島からなる本来の香港を中国に返還する必要はなか…

藤井厳喜氏による記事。

なんといっても香港の記事を読むのは辛い。

スポンサーリンク

中国の共産主義がいずれは倒れそうであるというのは皆の間違いない意見である。

そしてそれは香港で天安門事件ににた弾圧が繰り広げられたとき、西側諸国の中国に対する外圧が高まった場合とされている。

その間に軍事的弾圧によって死ぬ人々はどうすればいいのか。

我々は無力であって手をこまねいているしかない。

それがなんともどかしいことか。

中国共産党は悪である。

共産党と名乗っているのだから悪であることは間違いない。

その悪が香港を一時的であれ呑み込もうとしている。

我々は絶望して見ているしかない。

猫ねこ動画

犬いぬ動画

どうぶつ動画

動画が大量になってきたので3つに分けました。

ようこそ日本へ
外国人の日本訪問動画です。

男の料理

一人暮らしの料理の助けに。

大学・高校入試徹底研究

学習のお手伝いに。

お暇なら覗いてみてね


政治ランキング

アクセスランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました