スポンサーリンク
adsense002

福島香織氏、香港デモ最前線

友人が逮捕され青年が撃たれた~香港デモ最前線

催涙弾と火炎瓶が飛び交う「傷だらけの香港」

2019年10月1日は中国の国慶節、つまり建国記念日で、しかも新中国創立70周年という節目の建国記念日だった。

この日、習近平政権は気合を入れて軍事パレードと大閲兵式を行ったのだが、私はちょうど香港にいて、しかも朝からずっとデモの現場にいたため、この大閲兵式をリアルタイムで見ることはかなわなかった。だが中国で、核弾頭が複数搭載できる射程距離14000キロの新型ICBM東風41がお披露目されることは事前に聞いていた。中国の外国向けプロパガンダ放送局の中国国際放送(CRI)が「世界の平和維持に向けてのシグナル」とか頓珍漢な報道をしていることも知っていた。

そのさなか、香港ではデモ隊に向けて警官が実弾を6発発射し(威嚇発砲2発を含む)、そのうち1発が18歳の学生の左胸に当たるという一線を超える事態が発生した。香港人はこの日を国慶節ではなく、国觴節、つまり国が傷ついた日、と呼んでいた。本当に10月1日の香港は傷だらけだった。この日、何が起きたか、現場から報告したい。(引用ここまで)

友人が逮捕され青年が撃たれた~香港デモ最前線 催涙弾と火炎瓶が飛び交う「傷だらけの香港」 | JBpress(Japan Business Press)
取材に必要な装備を受け取り、取材の段取りなどを話し合って別れたのだが、翌日、その台湾帰りの友人はいつまでたっても待ち合わせの場所に現れなかった。しばらくして、その日の朝、逮捕されたのだと弁護士から連絡が来た。

生々しい証言を聞くと香港でのデモの危険さが分かる。

KAZUYA氏の動画でも確認したが、もうそろそろ戒厳令が出てもおかしくない。

スポンサーリンク

香港市民が冷静さを保っているのが唯一の救いだ。

相手が中国という人権のない大国なので、どれだけそれを保てるのかが勝負になる。

今やネットが発達し、写真一枚で世界的な世論を集められるようになった。

人権を理解しない古代大国の中国対自由香港。

中国が解体されるのが早いか、香港が鎮圧されるのが早いか。

香港が落ちると台湾というルートが決まっている以上、西側諸国は中国を非難せずにいられまい。

日本政府には確固とした言動を望む。

猫ねこ動画

犬いぬ動画

どうぶつ動画

動画が大量になってきたので3つに分けました。

ようこそ日本へ
外国人の日本訪問動画です。

日々是健康

健康について日々思う事を。

掃除をしろ、さもなくば死だ

絶望的に掃除が苦手な男が掃除を勉強します。

男の料理

一人暮らしの料理の助けに。

大学・高校入試徹底研究

学習のお手伝いに。

お暇なら覗いてみてくださいね


政治ランキング

アクセスランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました