スポンサーリンク
adsense002

福島香織氏、香港市民がデモ隊の「暴力」を容認する切実な理由

香港市民がデモ隊の「暴力」を容認する切実な理由

香港の「時代革命」は世界の転換点になるか?

~略~

こうした香港をめぐる党内の意見対立がどうなるかは10月の四中全会まで待たなければ見通しが立たないが、私はなんとなく、香港のデモは思わぬ形で中国共産党のあり方に影響を与え、国際社会の大きな変化と連動していくのではないか、という気もしてきた。

 香港デモは米中対立の狭間のなかにあり、おそらく米国の香港人権・民主主義法の可決がその方向性を大きく決める。この法律が成立したあと、香港で普通選挙を求める大規模デモがおきれば、中国は香港の国際的優遇を捨てる覚悟でデモを鎮圧できるだろうか。

 香港デモの後ろには、米国など中国を仮想敵とみなし自由主義陣営を拡大していこうとする西側国際社会が控えている。このコラムでも何度か触れているが、米中対立は開かれた自由主義陣営と閉じられた専制主義陣営のヘゲモニー争いだ。その戦の中で香港の役割というのが、ひょっとすると極めて重要なものであるとすれば、これは単なる条例案廃止を求めるデモではなく、「願栄帰香港」の歌にある一節のように、「正義のための時代革命」、国際社会の秩序や価値観の再構築につながる戦い、と言えるかもしれない。(引用ここまで)

香港市民がデモ隊の「暴力」を容認する切実な理由 香港の「時代革命」は世界の転換点になるか? | JBpress(Japan Business Press)
香港のデモは思わぬ形で中国共産党のあり方に影響を与え、国際社会の大きな変化と連動していくのではないか。「正義のための時代革命」、国際社会の秩序や価値観の再構築につながる戦い、といえるかもしれない。

香港はどうなってしまうのだろう。

中共は香港をこのまま見過ごすつもりだろうか。

スポンサーリンク

習近平が古代頭なのは間違いない。

その習近平にしてみれば香港で起きていることの1%も理解出来ていないのではないか。

習近平は漢字が読めないそうである。

彼は若い頃文革の煽りを食って農村へ放逐され、そこで学もなく成長した。

頭が古代なのも仕方ないところだ。

そんな彼がITに代表される先端技術を理解出来ないのも当然といえる。

香港と中国のこのどうしようもない差というのは昨日今日気づいても埋められるものではない。

香港という鬼子を抱え込んでしまった中国は意外なところに爆弾を仕込まれていたことにようやく気づいたのだろう。

古代専制帝国が21世紀になってなお生き延びているというのはやはり異常なことなのだ。

香港に対し中国がどのような手を打ってくるのかはわからないが、中国が弱い側面を大っぴらに世界に向けて出してしまったことは明らかだ。

時間はかかるだろうが香港は中国に撃ちこまれたウィルスのように徐々に中国に浸透し始めているのかもしれない。

猫ねこ動画

犬いぬ動画

どうぶつ動画

動画が大量になってきたので3つに分けました。

ようこそ日本へ
外国人の日本訪問動画です。

日々是健康

健康について日々思う事を。

掃除をしろ、さもなくば死だ

絶望的に掃除が苦手な男が掃除を勉強します。

男の料理

一人暮らしの料理の助けに。

大学・高校入試徹底研究

学習のお手伝いに。

お暇なら覗いてみてくださいね


政治ランキング

アクセスランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました