スポンサーリンク
adsense002

石平さん、香港対応に見る習近平政権のだらしなさ

香港対応に見る習近平政権のだらしなさ

<香港デモが始まって3カ月半、事態収拾のめどは全く立たない。それなのに習近平はこの「内政問題」になぜかダンマリ……中国建国70年の大珍事である>

9月15日、香港で再び大規模な抗議デモが起きた。警察当局はデモを不許可としたが、香港メディアによると市民10万人以上が参加。一部のデモ参加者は、政府本部庁舎に向けて火炎瓶や石を投げるなどの過激行為におよび、警察は放水車や催涙弾で強制排除した。

6月から本格的に始まった香港市民の抗議運動は、3カ月以上も続くが収束の見通しが全く立たない。この間、欧米の政治家や政党が香港デモについて中国に不利な言動を行うたびに、中国政府は必ず「香港問題は中国の内政問題」と激しく反発してきた。(引用ここまで)

香港対応に見る習近平政権のだらしなさ
<香港デモが始まって3カ月半、事態収拾のめどは全く立たない。それなのに習近平はこ...

石平さんが以前喝破していた通り共産帝国主義の中国対自由民主主義香港の争いは、古代対現代の戦いになっているようだ。

頭の中が古代のままである習近平には香港のデモを理解する事が出来ていない。

スポンサーリンク

奥山真司氏のネット番組で興味深い事を言っていた。

北京で古代国家の皇帝をしている習近平には、現在香港が行っているデモがまるでわかっていないというのだ。

これは習近平が香港デモに手を出せないひとつの理由なのだと唸った。

なぜなら習近平にとっては香港デモの裏にはアメリカの影しか見えていないからである。

香港市民が知的水準でもってデモを実行している事が理解出来ないのだ。

この状態はとても興味深い。

かつて藤井厳喜氏が古代国家と近代国家では近代の方が分が悪いのではないかと心配していたが、このあたりの事が解決の糸口になるのではないか。

中国は共産主義だろうが自由経済主義だろうが古代国家には変わりない。

そして古代国家は結果として近代国家に敗れることになるのだろう。

我々から見て習近平が「三無」に見えるのも仕方ない事だろう。

猫ねこ動画

犬いぬ動画

どうぶつ動画

動画が大量になってきたので3つに分けました。

ようこそ日本へ
外国人の日本訪問動画です。

日々是健康

健康について日々思う事を。

掃除をしろ、さもなくば死だ

絶望的に掃除が苦手な男が掃除を勉強します。

男の料理

一人暮らしの料理の助けに。

大学・高校入試徹底研究

学習のお手伝いに。

お暇なら覗いてみてくださいね


政治ランキング

アクセスランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました