adsense002

韓国紙、トランプ大統領は韓国を捨てて北朝鮮と同盟を結ぶのか

【コラム】トランプ大統領は韓国を捨てて北朝鮮と同盟を結ぶのか(1)

韓国が韓米同盟を維持しながら中国とも同盟を結ぶというのは童話の中のような話に聞こえる。しかし中国の習近平主席が諮問する現実主義学派群の代表的人物、閻学通・精華大国際関係学院長は2013年に出した著書『歴史の慣性』(韓国語版は『世界史不変の法則』)で韓中同盟論を初めて主張した。2012年に閻学通氏が書記長を務める世界平和フォーラム第1回大会を開いた際、当時副主席だった習近平主席が出席したのは偶然でない。(引用ここまで)

【コラム】トランプ大統領は韓国を捨てて北朝鮮と同盟を結ぶのか(1)
中央日報 - 韓国の最新ニュースを日本語でサービスします

ここ数週間この話題がひっそりと語られ始めている。

米韓同盟が消滅する云々より、中国への牽制もかねてアメリカと北朝鮮が結ぶのではないかという話だ。

スポンサーリンク

これはある程度現実味を持って考えることが出来る。

もう皆判っている通り、韓国は既に一国の体をなしていない。

どこをとっても嘘ばかりで、国家全体がもはや崩壊寸前だ。

一方で北朝鮮は、国内の状況こそ悲惨だが、それでも一応三代続く金王朝という歴史がある。

大統領が悲惨な目にあう韓国とは大きく違っているのだ。

こうなるとアメリカとしては嘘ばかりつく韓国よりも北朝鮮との方が話が通じると考えて何も不思議はない。

北朝鮮としてもアメリカ軍が駐留している以上金正恩の体制が崩れることがないという保障となる。

東アジアの安全保障は急激に変化の時期を迎えている。

北朝鮮強硬派のボルトンがホワイトハウスを去り、アメリカの安全保障が次のページに移るとき、そこに意外な疑似同盟関係が成立していても驚かない。

猫ねこ動画

犬いぬ動画

どうぶつ動画

動画が大量になってきたので3つに分けました。

ようこそ日本へ
外国人の日本訪問動画です。

男の料理

一人暮らしの料理の助けに。

大学・高校入試徹底研究

学習のお手伝いに。

お暇なら覗いてみてね


政治ランキング

アクセスランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました