スポンサーリンク
adsense002

福島香織氏、闘争を50回連呼、習近平は一体何と戦っているのか

闘争を50回連呼、習近平は一体何と戦っているのか

ヒステリックな叫びに垣間見える焦りと不安

中国共産党中央総書記の習近平が9月3日に中央党校の秋季中青年幹部養成クラスの開講式で行った15分間の講話の中で、「闘争」という言葉がなんと58回も繰り返されたという。「共産党も、中華人民共和国も、改革開放の実施も、新時代の中国の特色ある社会主義事業もすべて闘争の中で生まれ、闘争の中で発展し、闘争の中で壮大になった」「闘争すべきときに闘争するのだ」「闘争とは芸術であり、闘争に長けねばならない」「矛盾があれば闘争」「あえて闘争」「うまく闘争」・・・闘争のバーゲンセールかと思うような演説だった、らしい。

中国で「闘争」と言えば、毛沢東の階級闘争理論。習近平の演説自体、毛沢東語録の引用ばかりが並んでいる。建国後、最大の闘争は文化大革命の10年か。習近平は何と闘争しようというのだろうか。とにかく、この習近平の闘争論には、党内人士もびっくりしたらしい。まさか、大衆をあおって、文革式階級闘争でもやらかすつもりか、と。(引用ここまで)

闘争を50回連呼、習近平は一体何と戦っているのか ヒステリックな叫びに垣間見える焦りと不安 | JBpress(Japan Business Press)
中国共産党中央総書記の習近平が9月3日に中央党校の秋季中青年幹部養成クラスの開始式で行った15分間の講話の中で、「闘争」という言葉がなんと58回も繰り返されたという。

福島香織氏による記事。

今の習近平はやはり誰がどう見てもおかしい。

スポンサーリンク

発端は米中貿易戦争だろう。

そこに台湾問題がある。

そして香港と続いた。

明らかにこれは習近平にとって政治生命を脅かす事態なのではないか。

習近平だけならなんてことはないのだが、問題なのは習近平が倒れると中国共産党まで倒れるのではないかということだ。

これはまた中国の主が変わることを意味する。

中国人がどれぐらい残酷になれるのか我々はその一端を見てきた。

国内が荒れるとそういう光景が日常茶飯事になる。

習近平は既にこの事態を止められないのではないか。

香港の問題は確かに何かこれまでとは違った動きを感じさせる。

猫ねこ動画

犬いぬ動画

どうぶつ動画

動画が大量になってきたので3つに分けました。

ようこそ日本へ
外国人の日本訪問動画です。

日々是健康

健康について日々思う事を。

掃除をしろ、さもなくば死だ

絶望的に掃除が苦手な男が掃除を勉強します。

男の料理

一人暮らしの料理の助けに。

大学・高校入試徹底研究

学習のお手伝いに。

お暇なら覗いてみてくださいね


政治ランキング

アクセスランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました