adsense002

藤井厳喜氏、韓国・文政権「反米」で進む奈落への道

“タマネギ法相”強行任命…韓国・文政権「反米」で進む奈落への道 「従北・親中派」中心人物を起用、経済や外交・安保も直撃 識者「もはや法治国家といえないのでは」

~略~

「反日・離米派」の中心人物であるチョ氏の任命は、韓国の外交・安全保障も直撃しそうだ。

国際政治学者の藤井厳喜氏は「文氏は、内閣から最高裁、検察に関わる分野まで『反日・離米派』『従北派』の人脈で固めようとしている。米国から三くだり半を突きつけられることを望んでいるのか、これまでも米韓関係を切るような動きを見せてきた。文政権は究極的には『北朝鮮の非核化』と『在韓米軍撤退』の取引を念頭に置いているようだ。日韓関係はすでに壊れており、米韓しか残っていない中で、今後は反米路線を進めていくのではないか」と語っている。

“タマネギ法相”強行任命…韓国・文政権「反米」で進む奈落への道 「従北・親中派」中心人物を起用、経済や外交・安保も直撃 識者「もはや法治国家といえないのでは」
韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は9日、「タマネギ男」ことチョ国(チョ・グク)前大統領府民情首席秘書官を、法相に強行任命した。チョ氏には、娘の大学不正入学疑…

割と最近韓国はおかしいと気づいた人は急転直下の展開と思っているのかもしれない。

だが韓国ならこれが普通だ。

スポンサーリンク

文在寅を含めてもう三代も親北大統領が出ているし、親北ではなかった朴槿恵も北に対する政策は常に念頭にあった。

要するに韓国にとって反米反日親北というのは宿痾なのだ。

そうである以上本来ならいっそのこと北と結びつけば良い。

主体思想万々歳というところだ。

ところがそうは問屋が卸さない。

中国、アメリカ、そして北そのものが安易な南北統一を許さないだろう。

朝鮮に住む人々は朝鮮の主人にはなれない。

これを覆すための主体思想なのだが、まあ今回も失敗に終わるのではないか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました