スポンサーリンク
adsense002

進むも地獄退くも地獄、袋小路に入った文在寅と曺国

進むも地獄退くも地獄、袋小路に入った文在寅と曺国

疑惑だらけの曺氏でも文在寅大統領は「任命強行」か

果たして、文在寅大統領は曺国(チョ・グク)氏を法務部長官(法相)に正式に任命するのか。その決断に注目が集まっている。

青瓦台は国会に人事聴聞会の報告を6日までに提出するよう求め、同日聴聞会が開催された。この聴聞会で曺氏は野党からの厳しい質問に応じざるを得なかったが、これを乗り切りさえすれば、との思惑が、文大統領と曺氏側にはあったはずだ。実際、7日付のハンギョレ新聞は「文大統領、8日にチョ・グク候補者任命する見込み・・・最後に聴聞会の世論も考慮」との記事を掲載している。実際には8日の任命は見送られたが、週明けにも任命されるのでは、との観測も依然として根強い。(引用ここまで)

進むも地獄退くも地獄、袋小路に入った文在寅と曺国 疑惑だらけの曺氏でも文在寅大統領は「任命強行」か | JBpress(Japan Business Press)
果たして文在寅大統領は、曺国(チョ・グク)氏を法務部長官に正式に任命するのだろうか。「9日にも判断」とも見られているが、任命を強行するにしても、反対に取りやめるにしても、文政権を待ち受けるのは、茨の道になりそうだ。

武藤氏は元外務官僚である。

故に赴任先の国に愛情が深い。

スポンサーリンク

正直日本優先で言って欲しいものだが、まあある程度はしかたないのだろう。

その武藤氏が文在寅には非常に手厳しい。

それだけ文在寅を危険視しているのだろう。

文在寅はここ数ヶ月ですっかり評判を落とした。

もちろん日本の我々からしてみれば朴槿恵以下なのは当初から判っていたことだが、最近は韓国国内での評価さえ危うくなっている。

危うくなったところで文在寅にとっては痛くも痒くもないのだろう。

主体思想の狂信者である。

韓国国内がどれだけ荒れ果てようと、彼にとってはどうでも良いことなのだ。

日本と断交し、アメリカに愛想を尽かさせ、国内のサムスンをボロボロにし、韓国経済を立ち直れないぐらい叩き潰して、彼にとっては成功なのだろう。

まあ韓国国民が選んだ大統領なのだ。

仕方あるまい。

猫ねこ動画

犬いぬ動画

どうぶつ動画

動画が大量になってきたので3つに分けました。

ようこそ日本へ
外国人の日本訪問動画です。

日々是健康

健康について日々思う事を。

男の料理

一人暮らしの料理の助けに。

大学・高校入試徹底研究

学習のお手伝いに。

お暇なら覗いてみてくださいね


政治ランキング

アクセスランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました