adsense002

長谷川幸洋氏、文在寅政権の「軌道修正」に、日本が乗ってはいけない理由

韓国・文在寅政権の「軌道修正」に、日本が乗ってはいけない理由

生き残るための「豹変」の前例

初めての「強硬路線の修正」

反日で突っ走る韓国の文在寅(ムン・ジェイン)政権が、日本にすり寄ってきた。日本の輸出管理強化と韓国の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)破棄をセットで見直す案を出してきたのだ。もちろん、日本がこれに応じる必要はない。

文政権は、よほど動揺しているようだ。訪韓した河村建夫・元官房長官(日韓議員連盟幹事長)に対して、李洛淵(イ・ナギョン)首相は「輸出管理強化とGSOMIA破棄をセットで解決したい」という考えを示した。

日本が韓国に対する輸出管理を元の仕組みに戻せば、韓国も日本とのGSOMIA破棄を見直す、という提案である。中身はともかく、これまでの強硬路線を修正するような発言が文政権の首脳から出たのは、初めてである。(引用ここまで)

韓国・文在寅政権の「軌道修正」に、日本が乗ってはいけない理由(長谷川 幸洋) @gendai_biz
反日で突っ走る韓国の文在寅(ムン・ジェイン)政権が、日本にすり寄ってきた。日本の輸出管理強化と韓国の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)破棄をセットで見直す案を出してきたのだ。もちろん、日本がこれに応じる必要はない。

長谷川氏は朝鮮の「他国を巻き込む」方法論が朝鮮独自のように書いているが、これは弱小国なら多かれ少なかれ用いている生き残りの戦法だろう。

朝鮮独自なのはその際朝鮮人自身はまるで役立たずだというところだ。

スポンサーリンク

いずれにせよもう既にそういった戦法は通用しない。

世論誘導のために韓国は日本のメディア対策で相当予算を組み、青木理などに韓国擁護をさせているようだが、もう無駄だ。

日本国民には全く効いていない状態だ。

文在寅政権にとっては世界が急激に変化していることがマイナスに働いている。

日本は動く必要が全くない。

韓国が自分自身で自分の息の根を止めるのを見ていれば良いのだ。

猫ねこ動画

犬いぬ動画

どうぶつ動画

動画が大量になってきたので3つに分けました。

ようこそ日本へ
外国人の日本訪問動画です。

男の料理

一人暮らしの料理の助けに。

大学・高校入試徹底研究

学習のお手伝いに。

お暇なら覗いてみてね


政治ランキング

アクセスランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました