adsense002

門田隆将氏、「ホワイト国」除外 それでも韓国に沿う論陣張る新聞という病

「ホワイト国」除外 それでも韓国に沿う論陣張る新聞という病

言論は多様であってしかるべきだが、誰の目に見ても明らかに重要な外交上の節目において、ここまで国民感情を逆撫でしかねない主張が並ぶのも珍しいのではないか。作家でジャーナリストの門田隆将氏が指摘する。

* * *

「どうして日本の新聞が韓国の味方をするのでしょうか」

講演の際、そんな質問を受けることが最近多くなった。日本に在住している韓国の知識人と先日話す機会があったが、その人もこう言っていた。(引用ここまで)

「ホワイト国」除外 それでも韓国に沿う論陣張る新聞という病
 言論は多様であってしかるべきだが、誰の目に見ても明らかに重要な外交上の節目において、ここまで国民感情を逆撫でしかねない主張が並ぶのも珍しいのではないか。作家でジャーナリストの門…

マスメディアがおかしいというのはここ20年ぐらいいろいろなところで言われている。

問題はそれより先からあったのだろうが、おかしな部分が極めてはっきり出てきたのはそのあたりからだろう。

スポンサーリンク

現在新聞はもう死にかかっている。

国民の敵朝日新聞や毎日新聞などはもう死んだといって良いだろう。

次に死ぬのは間違いなくテレビだ。

ジャニーズと吉本の権力構造の崩壊はテレビの死を全国民にはっきりと知らしめた。

そのあらゆる部分に朝鮮人がかかわっている。

当然テレビメディアについても韓国追従の議論にならざるを得ない。

だからネット番組の方が人気が出るし、そこで人気の出た国会議員は選挙に受かる。

もう世の中はどんどん進んでいて、オールドメディアはまさに病といった風に死にきれずに漂っている。

巨大になりすぎたテレビはもう少しかかるだろうが、やがて新聞と同じように死に絶えていくのだろう。

猫ねこ動画

犬いぬ動画

どうぶつ動画

動画が大量になってきたので3つに分けました。

ようこそ日本へ
外国人の日本訪問動画です。

男の料理

一人暮らしの料理の助けに。

大学・高校入試徹底研究

作業中です。

お暇なら覗いてみてね


政治ランキング

アクセスランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました