adsense002

イラン攻撃「10分前」の衝撃! 無人機撃墜にトランプ氏、報復措置を一度承認

イラン攻撃「10分前」の衝撃! 無人機撃墜にトランプ氏、報復措置を一度承認 残される軍事的緊張…識者「事実上の戦争状態」

ドナルド・トランプ米大統領が、イランとの正面衝突を一時回避した。米軍の無人偵察機撃墜への報復措置として軍事攻撃を一度承認したが、攻撃開始のわずか10分前というタイミングで撤回したのだ。君子豹変(ひょうへん)の背景は何か。現在、外交的手段も模索されているようだが、イランの軍事関連施設などに対し、限定攻撃に踏み切る可能性は残されたままだ。(引用ここまで)

イラン攻撃「10分前」の衝撃! 無人機撃墜にトランプ氏、報復措置を一度承認 残される軍事的緊張…識者「事実上の戦争状態」
ドナルド・トランプ米大統領が、イランとの正面衝突を一時回避した。米軍の無人偵察機撃墜への報復措置として軍事攻撃を一度承認したが、攻撃開始のわずか10分前というタ…

イランとアメリカは比べものにならないほどの国力の差がある。

にも関わらずアメリカが躊躇するのは、それに十分な理由がある。

スポンサーリンク

かつてはホルムズ海峡が最大の問題だったが、アメリカとしては既にホルムズ海峡はどちらでも良いと考えているはず。

やはり中東に派兵することで泥沼に引きずり込まれるのを避けたのだろう。

イスラム教シーア派の中心的存在であるホメイニ氏がいる以上、イランと戦争状態になれば9.11以上のテロも普通に起こり得る。

中東にはアメリカはずっと手を焼いてきた。

出来れば戦争回避したいと考えているのは当然だ。

軍事的緊張は長く続くだろうが、アメリカとイランの関係改善の努力を怠るわけには行くまい。

猫ねこ動画

犬いぬ動画

どうぶつ動画

動画が大量になってきたので3つに分けました。

ようこそ日本へ
外国人の日本訪問動画です。

男の料理

一人暮らしの料理の助けに。

大学・高校入試徹底研究

学習のお手伝いに。

お暇なら覗いてみてね


政治ランキング

アクセスランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました