adsense002

河添恵子氏、香港200万人デモで習近平氏“敗北”か!?

【瀕死の習中国】香港200万人デモで習近平氏“敗北”か!? 脳裏に浮かぶ「天安門事件」の悪夢…世界各国からも批判で四面楚歌に

香港の学生らによる、「自由」と「民主」「法の支配」を守る、決死の戦いが続いている。民主派団体は16日、「共産党独裁」の中国本土への容疑者引き渡しを可能にする「逃亡犯条例」改正案の撤回と、林鄭月娥(キャリー・ラム)行政長官の辞任を求めて、主催者発表で「200万人近く」(警察発表33万8000人)が参加する、過去最大のデモを香港中心部で実施した。「一国二制度」が形骸化しかねない危機に、世界各国も、若者らの行動に賛同し、警官隊による強権制圧への批判を強めている。習近平政権が恐れる「天安門事件」の悪夢と、習国家主席の失脚危機とは。ノンフィクション作家の河添恵子氏が緊急連載をスタートする。

「今、活動しなければ明日はない!」

2週連続(9日と16日)で、香港を舞台に「反送中」の文字を掲げた大規模デモが行われた。9日は主催者発表で参加者数103万人(警察発表24万人)だったから、香港が中国に返還された1997年7月1日以来の最大規模デモがさらに拡大した。(引用ここまで)

【瀕死の習中国】香港「200万人デモ」で習近平氏“敗北”か!? 脳裏に浮かぶ「天安門事件」の悪夢…世界各国からも批判で四面楚歌に
★(1)香港の学生らによる、「自由」と「民主」「法の支配」を守る、決死の戦いが続いている。民主派団体は16日、「共産党独裁」の中国本土への容疑者引き渡しを可能に…

中国に対してかなり強気な記事が増えてきた。

やはり天安門から30年が経ち、中国の脅威が世界に明らかになってからの香港のデモが大きかったのだろう。

スポンサーリンク

正直この時点では中国が倒れるほどの衝撃はない。

香港もいずれ中国に巻き込まれてしまうのではないかという懸念の方が強い。

だが中国共産党内での習近平の立場に揺れがあるのは事実だろう。

米中の貿易戦争で習近平は全く良いところを見せられていない。

習近平にとって見ればここで大きなミスをすることは自らの指導力の低下を意味するのだろう。

G20での米中首脳会談は結局行われないのだろうか。

ここでの習近平の選択は中国共産党の未来に関わってくる。

ここまで習近平は選択を全て間違えてきている。

今度もまた自らの未来にとって最悪の選択をするのではないか。

猫ねこ動画

犬いぬ動画

どうぶつ動画

動画が大量になってきたので3つに分けました。

ようこそ日本へ
外国人の日本訪問動画です。

男の料理

一人暮らしの料理の助けに。

大学・高校入試徹底研究

学習のお手伝いに。

お暇なら覗いてみてね


政治ランキング

アクセスランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

中国政治海外
スポンサーリンク
kotonoaniをフォローする
名無しの果て

コメント

タイトルとURLをコピーしました