adsense002

長谷川幸洋氏、トランプ政権の標的は「中国」ではなく「中国共産党」

【ニュースの核心】トランプ政権の標的は「中国」ではなく「中国共産党」 自由VS抑圧、国家の理念をかけた戦い

米国が中国との対決に本腰を入れ始めた。いまや貿易戦争から「国家の理念をかけた戦い」に突入しつつある。

それが明らかになったのは、米国防総省が6月1日に発表した「インド太平洋戦略報告」だった。2019年版と銘打っているが、こうした報告が出たのは初めてだ。中身を見れば、それもうなずける。「中国にどう対処するか」が、米国の安全保障にとって最重要課題になっているからだ。(引用ここまで)

【ニュースの核心】トランプ政権の標的は「中国」ではなく「中国共産党」 自由VS抑圧、国家の理念をかけた戦い
米国が中国との対決に本腰を入れ始めた。いまや貿易戦争から「国家の理念をかけた戦い」に突入しつつある。それが明らかになったのは、米国防総省が6月1日に発表した「イ…

これはかなりはじめから判っていたことではある。

アメリカは共産主義に対してはアレルギーが強い。

スポンサーリンク

日本が敗戦時に日本共産党を利用したように、ここぞというときには共産主義を利用するものの、本質的には相容れないものがある。

対中国という点においてはこの共産主義という倒すべき敵と、あまりにも長年の間騙され続けてきたという思いが重なって、非常に厳しいものになっている。

しかしアメリカはまだまだ甘い。

アジアの未開さを甘く見積もりすぎだ。

中国が共産党を無くせば日本と同じようになるとは思わない方が良い。

中国がどれだけ未開であるかは徐々に明らかになっていくだろう。

猫ねこ動画

犬いぬ動画

どうぶつ動画

動画が大量になってきたので3つに分けました。

ようこそ日本へ
外国人の日本訪問動画です。

男の料理

一人暮らしの料理の助けに。

大学・高校入試徹底研究

学習のお手伝いに。

お暇なら覗いてみてね


政治ランキング

アクセスランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました