2019-06-15

スポンサーリンク
政治

百田尚樹さん、香港の明日は我が身

そういうことです。 中国は目的を遂げるまで、何度も何度も、あらゆる手を使ってやります。 民衆は二回や三回はデモをやるガッツはありますが、10回となるとエネルギーは続かないでしょう。その間に、主要人物が拘束されていきます。 疲れ果てた末に、香港は落ちます。 そして、明日は我が身…
アメリカ

米国「韓国がファーウェイ装備使用なら情報共有しない」

トランプ米大統領の今月末の訪韓を控え、米国政府のファーウェイ(華為技術)通信装備使用中断圧力が強まっている。
アメリカ

長谷川幸洋氏、トランプ政権の標的は「中国」ではなく「中国共産党」

米国が中国との対決に本腰を入れ始めた。いまや貿易戦争から「国家の理念をかけた戦い」に突入しつつある。
政治

G20出席者から見える、安倍首相「重大決断」の可能性

現下の厳しい米中貿易戦争の行方を見すえる上で重要な判断材料は、6月28~29日に大阪で開かれる20ヵ国・地域(G20)首脳会議時にドナルド・トランプ大統領と習近平国家主席(共産党総書記)がトップ会談を行なうのかどうかに尽きる。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました